女子アナ

和久田麻由子、弘中綾香…21年「“輝いた女子アナ”GP」を制覇するのはダレ?

 今や「女子アナ」という文化は、テレビ界のみならず、写真集などの分野においても大きく貢献する。そんな2021年の「輝いた女子アナ」を部門別に表彰しよう。

 まず、王道である「アナウンス部門」から。女子アナ評論家の丸山大次郎氏は、NHK・和久田麻由子アナを即答で推した。

「これまで『おはよう日本』、『ニュース9』、『五輪キャスター』、『紅白司会』と、NHKアナの花形番組をほぼ担当しきった印象です。昨年から担当する『ニュース9』は、番組のイニシアティブを取り、本当のメインキャスターになったという感じです。押しも押されもしない看板アナだと思います」

 芸能評論家の織田祐二氏は、民放の対抗馬としてテレビ朝日・弘中綾香アナの名を挙げる。

「弘中アナは、番組がリニューアルする時に上司と『弘中が必要ですか?』って話になったそうです。上司に『私が一極集中でやっていくと、数年後は誰がやるんですか。後輩を育てないと会社として良くないですよね?』と迫ったんです」

 その発言をテレ朝で本人が堂々と語るのも、局から信頼されている証左だ。続いて、新人賞に輝くのは?

「女流棋士から鳴り物入りでフジに入社した竹俣紅アナは、やはり堂々としている。話題の小室圭さんの自宅前で、プレッシャーと小雨に負けず渾身のレポートでした。上層部の評価も高いようです」(前出・織田氏)

 11月30日発売の「週刊アサヒ芸能」12月9日号では、ほかにも“2年目の飛躍”“突発事態”“惜別の美女アナ”など、ジャンル別に幅広く網羅しており、1年の締めくくりになりそうだ。

カテゴリー: 女子アナ   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    飲み続けていたら夜もイキイキしてきた!?口コミで話題の「活力アミノ酸(R)DX」とは?

    Sponsored
    213053

    コロナ禍という長いトンネルも徐々に出口が見え、昨今は人々の社会活動も活発的になってきた。連休は「久々にゴルフに出かけた」「家族サービスで国内旅行をした」といったパパ世代の諸兄も多いのではないだろうか。在宅勤務から勤務へ徐々に回帰する企業も増…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    芸能・政治・カネの「実は?」に迫る!月額550円で“大人の裏社会科見学”

    Sponsored
    194887

    予期せぬパンデミックによって生活や通勤スタイルがガラリと変わった昨今、やれSDGsだ、アフターコロナだ、DXだと、目まぐるしく変化する社会に翻弄されながらも、今を生き抜くのが40~50代の男たち。それまでは仕事が終われば歓楽街へ繰り出し、ス…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    テストコアNO3が若者から評判なワケは?理由と口コミ調査

    Sponsored
    184479

    男性の性の悩みといえば、中高年世代のイメージが強い。ところが今、若者の半数近くが夜のパフォーマンスに悩みを抱えている。ヘルスケアメディアの調査(※1)によって、10代から30代の44.7%が「下半身」に悩みを抱えているという衝撃の実態が明ら…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
「ケガ離脱中」巨人・坂本勇人復帰後の「取り扱い」を原監督が明言した
2
健気!藤田ニコル、衝撃水着ブリッジに「“正面ショット”もお願いします」の声
3
藤田ニコル、インスタに水着姿公開もまさかの「ドテ高」に議論集中!
4
フジ井上清華、割れ目クッキリ四つん這いで髪を振り乱し…「ヌケる!」未公開映像
5
ピンク・レディー「再結成ステージ」がまさかの「15分で終了」のアキレた舞台裏/壮絶「芸能スキャンダル会見」秘史