スポーツ

権藤博、「35勝した1年目」を振り返った言葉に視聴者から驚きの声が続々

 中日ドラゴンズで活躍した元プロ野球選手で、監督として横浜ベイスターズを日本一にも導いた権藤博氏。現役時代には、1年目の1961年に35勝を挙げ、最多勝利、新人王、沢村栄治賞を獲得。勝利数もさながら、シーズン130試合制の時代に、69試合に登板、先発として44試合のマウンドに上がり、防御率「1.70」を記録とは驚異的な数字である。翌62年にも30勝で、あの400勝投手の金田正一氏(故人)を抑え、2年連続でセ・リーグの最多勝利に輝いた。

 その権藤氏が、「巨人三本柱」で活躍した元プロ野球選手・槙原寛己氏のYouTubeチャンネル〈ミスターパーフェクト槙原〉の、11月25日付け投稿回に出演。大活躍のルーキーイヤーを振り返ってこう話した。

「オレが35勝した時、稲尾さん42勝しちゃったんですよ。で、杉浦さんは38勝4敗で、日本シリーズ全部勝って4連勝したピッチャー…そういう人がいるから、オレなんか、ただ投げただけでね」

“神様、仏様、稲尾様”と崇められた稲尾和久氏(故人)が、61年に挙げた42勝は、パ・リーグでの最多勝利であり、日本プロ野球記録だ。杉浦忠氏(故人)の38勝は、59年の記録であり、この年、南海ホークスを初の日本一に導いている。

 そんな両氏の実績に比べれば…と、あくまで謙虚な物言いの権藤氏に、視聴者からは〈レジェンド史上1番謙虚で柔軟な考え持ってる〉〈権藤さん。何十年も後輩の槙原さんに敬語って凄いよな~。尊敬できる人徳者〉など、称賛のコメントが相次いだ。

 当時は「投高打低」だったが、ウエイトトレーニング導入などの練習技術やバットの質の向上から、逆転現象が起きていることにも言及。とはいえ、当時も王貞治氏や長嶋茂雄氏といったスラッガーは存在した。いやはや、凄まじい時代だったと感心させられた。

(ユーチューブライター・所ひで)

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    芸能・政治・カネの「実は?」に迫る!月額550円で“大人の裏社会科見学”

    Sponsored
    194887

    予期せぬパンデミックによって生活や通勤スタイルがガラリと変わった昨今、やれSDGsだ、アフターコロナだ、DXだと、目まぐるしく変化する社会に翻弄されながらも、今を生き抜くのが40~50代の男たち。それまでは仕事が終われば歓楽街へ繰り出し、ス…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    テストコアNO3が若者から評判なワケは?理由と口コミ調査

    Sponsored
    184479

    男性の性の悩みといえば、中高年世代のイメージが強い。ところが今、若者の半数近くが夜のパフォーマンスに悩みを抱えている。ヘルスケアメディアの調査(※1)によって、10代から30代の44.7%が「下半身」に悩みを抱えているという衝撃の実態が明ら…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
「女子アナを辞める!」水卜麻美が「責任問題」で日テレ退社後に選ぶ「意外な職業」
2
市川海老蔵「神がかり3連単ボックス」馬券術(3)3285万円ブチ当てた
3
黒島結菜 どんどん出てくる「オトコ遍歴」と魔性素顔
4
戸田恵梨香のドラマ降板報道を吹き飛ばす「片バストがモロ見え」驚き映像
5
綾瀬はるか「バストを強調しすぎ!」ユニクロCMで批判の標的にされた“災難”