スポーツ

川口和久を6年連続2ケタ勝利に導いた「レジェンド左腕」の“神”助言!

 広島、巨人で活躍した元プロ野球選手・川口和久氏。1980年、ドラフト1位で広島入団。3年目の83年に初の2ケタ勝利となる15勝をあげた川口氏だが、84年8勝、85年9勝と1ケタ勝利に甘んじた。しかし、翌86年からは6年連続で2ケタ勝利する目覚ましい活躍を見せており、この間に3度(87年、89年、91年)、最多奪三振のタイトルに輝いている。

 その川口氏が、プロ野球のOBが1300人所属している「プロ野球OBクラブ」のYouTubeチャンネル〈プロ野球OBクラブチャンネル〉に出演。86年からの躍進は、あのレジェンド左腕のアドバイスがあったことを明かしている(11月17日付け投稿回)。

 その人とは、セ・パ5球団を経験し、68年には、1シーズン「403奪三振」の、未だに破られぬ日本プロ野球最高をマークした元プロ野球選手、江夏豊氏である。

江夏氏は84年シーズンを限りに、西武ライオンズ時代で現役を引退。川口氏に指南したのは、その後、偶然、居合わせた広島市民球場近くの喫茶店でのことだったという。

 川口氏は当時を振り返り、江夏氏から、

「右打者のアウトコースにコントロールできるか?」

 そう問われたそうだ。左腕らしく、右打者へのクロスファイアを持ち味としていた川口氏だが、「カウント球は何だ?」と問われると返す言葉もなく、「アウトコースに出し入れできたら、ピッチングが簡単になるんだよ。キミにそれがないから、苦しんでるんだよ…」との江夏氏の言葉を信じ、1カ月のあいだ2軍で猛練習。アウトローのコツをつかみ、1軍に復帰してからは勝ち星を量産したようだ。

 江夏氏の言葉を「神の言葉」とも称した川口氏にとって、「神様、仏様、江夏様」だったであろう、貴重な秘話を拝聴できた。

(ユーチューブライター・所ひで)

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    芸能・政治・カネの「実は?」に迫る!月額550円で“大人の裏社会科見学”

    Sponsored
    194887

    予期せぬパンデミックによって生活や通勤スタイルがガラリと変わった昨今、やれSDGsだ、アフターコロナだ、DXだと、目まぐるしく変化する社会に翻弄されながらも、今を生き抜くのが40~50代の男たち。それまでは仕事が終われば歓楽街へ繰り出し、ス…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    テストコアNO3が若者から評判なワケは?理由と口コミ調査

    Sponsored
    184479

    男性の性の悩みといえば、中高年世代のイメージが強い。ところが今、若者の半数近くが夜のパフォーマンスに悩みを抱えている。ヘルスケアメディアの調査(※1)によって、10代から30代の44.7%が「下半身」に悩みを抱えているという衝撃の実態が明ら…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
石田ゆり子、「割れ目クッキリ美ヒップ」奇跡の突き出しポーズで視聴者を魅了!
2
田中理恵が“極小サイズ”足ショット公開!バストと絡めた「疑問の声」も
3
ひろゆきも「5つ星」認定!トリンドル玲奈の「美胸写真集」に称賛の声
4
トリンドル玲奈、大胆バスト披露は改心の証?「やる気ない」評価からの激変理由
5
田中理恵、地団駄踏んでバストがブルンブルン!ゴルフ練習動画が艶すぎるッ