スポーツ

田淵幸一、「巨人V9を阻止」なら「時代変わっていたね」と回顧した真意とは?

 1973年10月22日は、甲子園球場で開催された「阪神─巨人」の最終戦が行われた日だ。巨人が「9対0」で阪神を下し、セ・リーグ9連覇を成し遂げた年である(この後日本シリーズも制し、巨人のV9時代と呼ばれた)。

 しかし、この年は、9連覇阻止も不可能ではないほど、阪神が優勢だった。最終戦の2日前、10月20日に中日球場で行われた対中日戦は、引き分けでも阪神の優勝が決まる試合だったのだが、エースの江夏豊氏が打ちこまれて惜敗。涙を飲んだのである…。

 そんな当時の状況などについて、当時、阪神でバッテリーを組んでいた江夏氏と田淵幸一氏が、プロ野球OBが1300人所属している「プロ野球OBクラブ」のYouTubeチャンネル〈プロ野球OBクラブチャンネル〉に出演して振り返っている(11月22日付け投稿回)。

 それによると、問題の20日の中日戦で、中日のピッチャーは、田淵氏にとって同学年であり、六大学野球でしのぎを削った盟友・星野仙一氏(故人)だった。

「星野、友達だからな、優勝させてくれると思うやん?」と田淵氏。しかし、阪神打線はことごとく打ち取られ、後日、星野氏に訊くと、真ん中に放っていたのだが、阪神打線がガチガチに緊張して打てなかったことから、「こんなチームに優勝させるな」と、中日が本気になった結果だったのだとか…。

 この年、江夏氏と熱い抱擁を交わして優勝を決めるイメージを描いていた田淵氏にとっては、「終わった後、1週間ね、マンション出れなかったよ。(中略)もし勝ってたら時代変わってたね。トレードも無かったんじゃない?」との衝撃だったようだ。つまり、自身が79年に西武、江夏氏が76年に南海に移籍することなく、生涯阪神だったのでは…と推論を交えて口にしたのだった。

「タラレバ」はない勝負の世界だが、黄金バッテリーとも称された両氏を生涯、阪神で見たかった…この動画を観てそんな熱い思いを募らせた虎ファンも多いのではないだろうか?

(ユーチューブライター・所ひで)

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    今永昇太「メジャー30球団でトップ」快投続きで新人王どころか「歴史的快挙」の現実味

    カブス・今永昇太が今季、歴史的快挙を成し遂げるのかもしれないと、話題になり始めている。今永は現地5月1日のメッツ戦(シティ・フィールド)に先発登板し、7回3安打7奪三振の快投。開幕から無傷の5連勝を飾った。防御率は0.78となり、試合終了時…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
ヤクルト・高津臣吾監督が頭を悩ます山田哲人「年俸5億円の大スランプ」と「三塁コンバート」
2
ロッテ・佐々木朗希「日本ハムに3対1の電撃トレード」謎の投稿が激論に!【2024年5月BEST】
3
【不可解】メッツ・藤浪晋太郎バッチリ投げているのに「60日間の負傷者リスト入り」の手切れ金放出
4
アメリカで今も大真面目に議論される「知的生物ヒト型爬虫類」が人間をマインドコントロール説
5
JR「青春18きっぷ」に異常事態!夏の発売が危うい「リミット」は6月20日