スポーツ

難しすぎる!?長嶋茂雄&福本豊の“オモシロ理論”指導を高橋慶彦が動画放談

 主に広島カープで活躍した元プロ野球選手の高橋慶彦氏。盗塁王3度のタイトルに輝く俊足の持ち主である一方、1979年にマークした33試合連続安打は今も破られぬ日本記録だ。安定した打力を誇る選手でもあった。

 その高橋氏が、みずからのYouTubeチャンネル〈よしひこチャンネル〉で、かつて指導を受けた「レジェンド」とのオモシロおかしい過去の経験を振り返った(12月28日付け投稿回)。

 ゲストに中日、巨人、西武で活躍した元プロ野球選手の中尾孝義氏を迎えてトークは展開されたが、まずは、長嶋茂雄氏。引退後に広島のキャンプに訪れた長嶋氏は、広島レギュラー陣を前に「いいか、ボールの芯がある。コルク…その芯を見て打て。スッと来て、バーンと打て」と、得意の擬音だらけのバッティング指導を行ったそうだ。聞いていた高橋氏は懸命に笑いを堪えていたとか。

 もっとも、長嶋氏のこうした逸話は方々で聞かれるところだが、高橋氏によれば、盗塁王に輝くこと13回の最多記録に加え、通算盗塁数「1065」の日本記録を持つ、福本豊氏にも“オモシロ指導”のエピソードがあったようだ。

「ミスター赤ヘル」こと山本浩二氏の仲介により、「盗塁ってどういうところに気をつけたら良いですか?」と訊ねた高橋氏。すると「いいか慶彦、ピッチャーの目を見とけ!」とのアドバイスだった。

 しかしながら、高橋氏いわく「左ピッチャーの目は見えるけど、右ピッチャーの目は見えない…」とのこと。中尾氏、並びにスタッフの笑いを誘ったのであった。とはいえ、そのレジェンドの指導があったからこそ、高橋氏の偉大な記録も生まれたと言える!?

(ユーチューブライター・所ひで)

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    ゲームのアイテムが現実になった!? 疲労と戦うガチなビジネスマンの救世主「バイオエリクサーV3」とは?

    Sponsored

    「働き方改革」という言葉もだいぶ浸透してきた昨今だが、人手不足は一向に解消されないのが現状だ。若手をはじめ現役世代のビジネスパーソンの疲労は溜まる一方。事実、「日本の疲労状況」に関する全国10万人規模の調査では、2017年に37.4%だった…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    藤井聡太の年間獲得賞金「1憶8000万円」は安すぎる?チェス世界チャンピオンと比べると…

    日本将棋連盟が2月5日、2023年の年間獲得賞金・対局料上位10棋士を発表。藤井聡太八冠が1億8634万円を獲得し、2年連続で1位となった。2位は渡辺明九段の4562万円、3位は永瀬拓矢九段の3509万円だった。史上最年少で前人未到の八大タ…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
【孤立の真相】ロッテ・佐々木朗希「150キロ台しか出ない」に球団も選手も「冷たい視線」
2
渡瀬恒彦「安岡力也を半殺し」「舘ひろしに鉄拳制裁」芸能界最強伝説/壮絶「芸能スキャンダル会見」秘史
3
またいなくなった!フジテレビ・井上清華アナに浮上する「渡邊渚アナの長期療養」悲劇再来
4
「川相、何やってんだ」巨人・阿部慎之助監督「バント野球」失敗の多さを元木大介はどう見たか
5
【バス旅秘話告白】太川陽介が蛭子能収を大絶賛「ひと言も文句を言わず23キロ歩いた」四国道