スポーツ

引退覚悟から「絶好調男」へ!中畑清、日米野球“起死回生の決勝2ラン”の記憶

「絶好調男」の異名も取った元プロ野球選手の中畑清氏といえば、1975年、ドラフト3位で巨人に入団。長嶋茂雄氏、王貞治氏が築いた「O・N時代」も終わりを告げた80年代、王氏引退直後に巨人の4番打者に座った印象も強い。だが、ルーキーイヤーに1軍登録の機会はなかった。そして、2年目に7試合で2安打、3年目に5試合で1安打と当時、そのまま消えていてもおかしくない成績であった…。

 そんな中畑氏が、巨人三本柱で活躍した元プロ野球選手・槙原寛己氏のYouTubeチャンネル〈ミスターパーフェクト槙原〉1月1日付け投稿回〈【新春SP中畑清登場!まさかのドラフト裏話&レギュラー獲得秘話】〉に出演。「3年でダメだったら(プロ野球選手を)やめようと思っていた」としつつも、「日米野球が無かったら本当にやめていた」と振り返った。

 中畑氏が言う「日米野球」とは、78年10月28日に開催された日米野球の第1戦「シンシナティ・レッズ対巨人戦」。中畑氏は高田繁氏に代わって途中出場、8回にマリオ・ソト氏から逆転の決勝2ランを放ったのだ。

 日米野球には歴然とした差があり、日本は負けて当然といった時代。当時、まだ少年だった頃に、テレビで観戦していた槙原氏はこう述懐した。

「打たねえかなと思ってたら、パカーンって打って、誰この人って…。来年楽しみだなって思ったのを覚えてる」

 槙原氏の直感通り、翌年から中畑氏は1軍に定着。80年から9年連続で3ケタ安打をマークしており、まさにブレイクのきっかけを果たすホームランだった。

 昨年の東京五輪で日本代表が決勝で米代表を破り金メダルを獲得したが、その足掛かりとなったのは、中畑氏のホームランではなかったか…。そんなことまで、しみじみ思わせる感慨深いトークであった。

(ユーチューブライター・所ひで)

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    芸能・政治・カネの「実は?」に迫る!月額550円で“大人の裏社会科見学”

    Sponsored
    194887

    予期せぬパンデミックによって生活や通勤スタイルがガラリと変わった昨今、やれSDGsだ、アフターコロナだ、DXだと、目まぐるしく変化する社会に翻弄されながらも、今を生き抜くのが40~50代の男たち。それまでは仕事が終われば歓楽街へ繰り出し、ス…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    テストコアNO3が若者から評判なワケは?理由と口コミ調査

    Sponsored
    184479

    男性の性の悩みといえば、中高年世代のイメージが強い。ところが今、若者の半数近くが夜のパフォーマンスに悩みを抱えている。ヘルスケアメディアの調査(※1)によって、10代から30代の44.7%が「下半身」に悩みを抱えているという衝撃の実態が明ら…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
加藤紀子の横バスト写真が艶すぎ!“蛭子能収も惚れたFカップ”が進化したッ
2
江川卓が「不思議でしょうがない」首を傾げる大谷翔平のプレースタイル疑問点
3
藤原紀香、ドレス胸元から“Fバスト渓谷”魅せ!深さと長さに過去最高の評価
4
前澤友作との交際報道で梅村妃奈子ファンの間で飛び交った“冷ややかな納得”
5
石川佳純のニット姿がキュートすぎ!引き締まったボディの“バスト変化”とは