芸能

“日本のリバプール”博多スーパースター列伝<第5回>チェッカーズ(1)

20140206m

 博多に次ぐ福岡の音楽発信地、それが「久留米」である。松田聖子、石橋凌、鮎川誠‥‥そして83年にチェッカーズが飛び出した。単にヒット曲が多かっただけでなく、彼らは「チェッカーズ以降」と表現されるほど若者文化を大きく変えた。そこには、一流の仕掛人たちが緻密な戦略を練っていたのである。

「武田鉄矢に聞いたことがあるよ。まだ小学生だった藤井フミヤが下駄をはいて、ライブ喫茶『照和』に演奏を見に来たって」

 福岡・テレビ西日本の事業部で博多発のアーティストを応援してきた藤井伊九蔵が振り返る。あいにく、小学生を招き入れるわけにはいかず、武田たちが帰るように諭したそうだ。

 久留米に住む小学生が向うには、博多という街は決して近くはない。それでも「音楽」に対する無垢な情熱が幼い旅を決意させたようだ。

 やがてフミヤは久留米の街で武内享や高杢禎彦と出会い、80年に「チェッカーズ」を結成。翌81年にはヤマハ主催のLMCジュニア部門で最優秀賞を獲得する。キャニオン・レコード(現ポニーキャニオン)の宣伝部にいた吉田就彦は、ここで目にしたフミヤに強烈な印象を持つ。

「とにかく女の子にモテそうだなって。それと中音域から高音に一気に抜ける声は、いわゆる“売れる声”の響きを感じた」

 いったんデビューの話もあったが、藤井尚之や徳永善也がまだ高校生だったため、晴れて7人が上京したのは83年の春。ヤマハの寮が彼らに与えられた最初の棲み家となった。

 吉田は宣伝から制作に異動になったこともあり、ディレクターとして彼らのデビューに備える。1つの教訓として、やはり福岡出身の陣内孝則がいた「ザ・ロッカーズ」の失敗があった。

「陣内君という素晴らしい個性がありながら、まったく売れなかった。それでチェッカーズを担当する時に、ただ音楽を作るだけではない“仕掛け”が重要と思ったんです」

 ここからプロジェクトチームとしての〈チェッカーズ〉が始動する。サウンド面は作曲家・芹澤廣明や作詞家・売野雅勇を中心に、ビジュアル面はエディターの秋山道男が中心となり、2つのチームが競い合うように作り上げてゆく。

 吉田が所属事務所のヤマハにいくつもの企画書を出すと、かつてヤマハを相手に提案した者はいなかったと言われたそうである。

 基本のコンセプトは、当時、人気があった「シブがき隊」と「横浜銀蠅」のど真ん中をぶち抜くこと。

「片や王道のジャニーズアイドルで、一方は硬派な不良スタイル。その第三極として、イギリスのニューウェーブの波を持つ『明るい不良』という形にしたい」

 とはいえ、フミヤたちが久留米で続けてきたのは、革ジャンにリーゼントのロカビリースタイル。わかりやすく言ってしまえば、アメリカの不良である。

「そのままやったら、銀蠅の二番手になってしまう。いかに自分たちの価値観を高めていくかと説得しました」

 吉田らスタッフは、7人の久留米での活動を全否定していたわけではない。毎週のようにダンスパーティを開いていたというアメリカ映画さながらの青春劇は、むしろ、世の中に伝えていきたいとさえ思った。

 そしてチェッカーズにつけられたキャッチフレーズは〈退屈退治〉という遊び心である──。

◆アサヒ芸能1/28発売(2/6号)より

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    暑いと思ったら顔が赤い?恥ずかしい赤ら顔は化粧水でケア

    Sponsored
    91796

    ゴールデンウィークも終わり、これから夏に向けて徐々に気温が高くなってくる季節ですね。スポーツやイベントなど出かける機会が増えてくる方も多いのではないでしょうか。そんな楽しい季節ですが、気候の変化による肌トラブルも気になります。日中の日差しか…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    高血圧・高血糖・高血中脂質が1つでもあると、動脈硬化につながる「トリプルリスク」になる!?

    Sponsored
    102085

    いま、アラフォー世代を中心に、「トリプルリスク」の危険性が叫ばれている。「かくれ肥満」を提唱し、メタボに警鐘を鳴らした医師の岡部正さんによると、「高血圧・高血糖・高血中脂質のうち、どれか1つでも該当すると他の2つも悪くなる可能性がある」そう…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    認知症の予防に期待!? 世界初、九州大学がプロポリスの認知機能向上効果を実証!

    103760

    九州大学大学院歯学研究院の武洲准教授と倪軍軍助教の研究グループは、中国青海省人民病院との共同研究において、ブラジル産プロポリスが中国チベット高原に住む健常な高齢者の認知機能低下並びに全身性炎症の改善効果をもたらすことを明らかにした。臨床研究…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
加藤綾子が「フッた男」「フラれた男」(下)結婚で明石家さんま芸能界引退!?
2
「タピオカ騒動」木下優樹菜、一転謝罪も指摘される「ファンに『黙れ』」過去!
3
桑子真帆を筆頭にNHK勢が躍進のヒミツ/「女子アナランキング」考察(下)
4
木下優樹菜がまた男に触らせてる!旦那無視のインスタ投稿は「ヤンキーの業」?
5
“若い時から”の声も… 工藤静香、「シワが増えるわ」の自虐発言に暴言の嵐