芸能

人気局アナ「No.1アイドル争奪」下剋上バトル勃発(4)TBS・山本里菜がユーチューバーデビューで覚醒

 テレ朝関係者も「田中アナは、今年が完全復活の年になりますよ」と太鼓判を押す。

「世間では今でもスキャンダルのイメージばかりが先行していますが、『ABEMA的ニュースショー』や『AbemaMorning』などで見せたスムーズな進行ぶりや気の利いたコメントで、制作陣の評価は極めて高い。彼女に近い複数のスタッフが『地上波完全復帰』に向けて働きかけを開始しているんです。中でも最有力視されているのが『報道ステーション』での復活。彼女と親しいスタッフの尽力の甲斐あって、早ければ今春からキャスター起用される目が出てきた。『報ステ』といえば、かつて壮絶不倫の末に現夫・内村光良と再婚した徳永有美(46)も出演していて、決して不倫NGではない。田中アナなら、昨年秋に惜しまれつつも報ステを去った森川夕貴アナ(28)をしのぐほどの人気が期待できますよ」

 TBSでは「新・バラエティー女王」誕生の予感がひしひし。TBSの番組に携わる構成作家が断言する。

「YouTubeチャンネルがきっかけで山本里菜アナ(27)が大化けしますよ。TBSはヒカキンらが所属するユーチューバー事務所・UUUM(ウーム)と共同で、昨年12月にYouTubeチャンネル『たーりーかーしーチャンネル』を開設。山本アナのほか山本匠晃アナ(37)、近藤夏子アナ(25)、齋藤慎太郎アナ(24)の4人が本気でYouTubeに挑戦してるんです」

 このチャンネルでは山本アナの「本気度」が際立っているという。

「12月28日にアップされた『踊ってみた』動画では、Tシャツ姿でバストを揺らし、全力で踊りまくっていた。実際に彼女自身、YouTubeに並々ならぬ意欲を見せているんです。最近では初めて会うスタッフに対し、真顔で『アナウンサー兼ユーチューバーの山本です』と自己紹介している。こうした意識の変化を受けて、バラエティー番組制作陣の間では『ユーチューバー・山本里菜として地上波に逆輸入出演させたらどうか』とのアイデアも出ているほど。TBSでは田中みな実(35)以来のバラエティーアイドルとして飛躍の一年になるかもしれません」(構成作家)

 激変が始まったばかりのNo.1アイドル争奪戦。今春にはテレビ業界を揺るがす「仰天発表」があるかもしれない。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    芸能・政治・カネの「実は?」に迫る!月額550円で“大人の裏社会科見学”

    Sponsored
    194887

    予期せぬパンデミックによって生活や通勤スタイルがガラリと変わった昨今、やれSDGsだ、アフターコロナだ、DXだと、目まぐるしく変化する社会に翻弄されながらも、今を生き抜くのが40~50代の男たち。それまでは仕事が終われば歓楽街へ繰り出し、ス…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    テストコアNO3が若者から評判なワケは?理由と口コミ調査

    Sponsored
    184479

    男性の性の悩みといえば、中高年世代のイメージが強い。ところが今、若者の半数近くが夜のパフォーマンスに悩みを抱えている。ヘルスケアメディアの調査(※1)によって、10代から30代の44.7%が「下半身」に悩みを抱えているという衝撃の実態が明ら…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
謎の放置状態で急浮上した「クビになるタレント2人」の「証拠映像」
2
これは見ておくべき!谷まりあ「とんでもない大きさのバスト」を大サービス
3
「仕事がないものですから…」沢田研二が伏せていた「田中裕子との関係」/壮絶「芸能スキャンダル会見」秘史
4
プロ野球「隠ぺいされた不協和音」ワースト7(3)原采配のシワ寄せを受ける巨人・坂本勇人
5
渡辺裕之「コロナ首吊り自死」前の奇行証言!「撮影現場で『物がなくなった』と妙なことを…」