スポーツ

巨人・川上監督、V9を支えた夫人の必勝「内助の功」秘話をアノOBが動画回顧!

「マムシ」と言えば、一介の油売りから下克上で戦国大名にまで上り詰めた斎藤道三の異名。しぶとさを表現する上で、近年の小説の影響から「美濃のマムシ」として世間に認知、呼称されるようになった。

 では、日本プロ野球において、「マムシ」というニックネームを持つ選手をご存じだろうか…?

 1966年のドラフトで西鉄ライオンズに入団、69年から79年は巨人に籍を置き、「巨人V9時代」の後期を準レギュラー、代打の切り札として支え、「巨人史上最強の五番打者」とも呼ばれた、柳田真宏氏がその人。

 その柳田氏が、元プロ野球選手・大久保博元氏のYouTubeチャンネル〈デーブ大久保チャンネル〉の、12月28日付け〈第一話【マムシ】巨人軍史上最強の五番打者登場〉と題した投稿回に出演。V9時代当時、巨人の監督を務めていた川上哲治氏(故人)の夫人の話に触れ、柳田氏はこう振り返っている。

「家庭を守ってる選手の奥さん連中っていうのは、川上監督の奥さんが婦人会で全部集めて食事会やるわけ。そこで見えないとこの努力を聞いてるわけ」

 それぞれ選手の努力秘話は、川上夫人から川上監督の耳に…。

「どんなに調子が悪くても、“こいつは練習やってる”っていうのが、必ず…」と、川上監督の耳に入っていることに励みを覚えていたのだとか。

「優勝するためには全員の力を合わせてやっていた」とも振り返った柳田氏。川上監督の全員野球とは、選手、監督コーチ、フロントのみならず、その妻までも巻き込んだ壮大な構想だったことがわかる見ごたえのある回だった。

 ちなみに、柳田氏が「マムシ」と呼ばれたのは、タレント・毒蝮三太夫の顔に似ていたことに端を発しているようだが、現役時代の「しぶとさ」は言うまでもないだろう。

(ユーチューブライター・所ひで)

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    動画もオンラインゲームもラグ知らず! OCN 光はなぜ夜のエンタメシーンでもおすすめなのか

    Sponsored
    251202

    PCの画面を見ながら、F氏は愕然とした。デビュー以来推していた某女性グループの1人が卒業するから….ではない。涙を堪えながら、その最後のお別れとなる卒業ライブ配信を視聴していたところ、最後の挨拶を前に、動画サイトの画面がカクつき…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    中年リスナーがこぞって閲覧!“あざとかわいい”人気美女ライバーが、リスナーとの関係や仲良くなれるコツを指南

    Sponsored
    264969

    ここ数年来、ネット上の新たなエンタメとして注目されている「ライブ配信」だが、昨今は「ふわっち」の人気が爆上がり中だ。その人気の秘密は、事務所に所属しているアイドルでもなく、キャバ嬢のような“プロ”でもなく、一般の美女配信者と気軽に会話できて…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    配信者との恋愛はアリ? 既婚者が楽しむのはナシ? 美女ライバーと覆面リスナーが語る「ふわっち」セキララトーク

    Sponsored
    266588

    ヒマな時間に誰もが楽しめるエンタメとして知られるライブ配信アプリ。中でも「可愛い素人ライバー」と裏表のない会話ができ、30代~40代の支持を集めているのが「ふわっち」だ。今回「アサ芸プラス」では、配信者とリスナーがどのようにコミュニケーショ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

注目キーワード

人気記事

1
【破滅】「プリゴジンは生きている!」衝撃情報が暗示するプーチンの最期~プリゴジン暗殺の真相と大波紋(5)
2
続投意欲マンマン!巨人・原辰徳監督の「身代わり辞任要員」第一候補のコーチは…
3
45周年お騒がせサザン「神宮外苑再開発批判」にテレビ難色と桑田佳祐のスポンサーは「あの損保」
4
楽天・石井一久監督、地元企業ソッポで選手の契約満足度は「最下位」の「辞任フラグ」
5
フリーでも「テレビCM6本」賀来賢人と性加害事務所にしがみつく櫻井翔の「落差と矛盾」