スポーツ

大久保嘉人、出身サッカー超名門校の“女子と会話禁止規則”告白に驚嘆の声

 2021年に現役を引退したサッカー元日本代表の大久保嘉人氏が1月15日放送の「せやねん!」(MBS)に出演し、長崎・国見高校時代の厳しすぎる校内ルールを振り返った。

 1998年、国内屈指のサッカー名門校である国見高校へ進学した大久保氏。先日他界した小嶺忠敏総監督の下、インターハイ、国体選手権の優勝など、圧倒的な実績を残し、全国高校選手権でも大会得点王に輝いていた。

 そんな大久保氏に、共演者から「高校時代、めっちゃモテたでしょう?」との質問が飛んだ。すると大久保氏は「声は掛けられましたけど、女の子としゃべったらダメなんですよ、自分たちの学校は。しゃべっているところを先生に見られると、監督にチクられるんですよ」とし、異性との会話が禁じられていたという。

 大久保氏も、廊下で女子と会話をしてしまうことはあったが、教師が近付くと、すぐに会話をやめていたと告白。「恋愛とかは?」との質問には、「恋愛なんかバレたら、サッカー部を辞めさせられるんで」と答えていた。

 さらに、「とはいえ、マネージャーと陰で付き合ってたりとかは?」と聞かれるも、大久保氏は「マネージャーは男だったんで」とし、プロ入り後も若い女性からはモテなかったと振り返っている。

「高校サッカー選手権を6度も制した超名門校らしい、厳しい校則が明かされ、視聴者からは『会話すら禁止とかすごいな』『俺なら1年ももたない…』『今じゃ考えられない校則』などと驚く声が見られました。ただ、同校が残したサッカー界に対する突出した貢献や実績を鑑みて、理解を示す反応も多かった印象です」(テレビ誌記者)

 ネット上の視聴者からは「恋愛に気を取られている時間があったら、練習の時間を多く作って、みんなでサッカーに集中して全国を目指そうという意味だと思います」「その厳しいルールを守ってでも国見でサッカーをしたい気持ちにさせる小嶺監督が偉大なんだろうな」「時代でしょう。サッカーだけじゃなく、厳しいルールは各校各部にあると思います」「真剣にやってる人の中に、半端な気持ちでやっている人がいると、互いに迷惑。そういう意味では良いと思う」といった声が見られた。

「大久保氏といえば、2004年11月にスペインのマジョルカへ移籍し、初めてヨーロッパのサッカーに参戦。そこで、過酷なトレーニングに疲弊する選手が多い中、大久保氏は『国見高校の練習の方が辛かった』として、平然とやってのけたという逸話もあります。また、小嶺氏が他界した際にも『先生に教わったこと全てが、今の自分になっています』と感謝。当時の厳しい校則も、彼にとっては良き青春の思い出なのでしょう」(前出・テレビ誌記者)

 本気でサッカーを愛し、プロ入りを夢見ていた大久保氏だからこそ、“女子との会話禁止ルール“にも従うことができたのかもしれない。

(木村慎吾)

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    “JRA有馬記念VS年末ドリームジャンボ”一攫千金を叶えるならどっちが現実的?

    Sponsored
    239326

    ◆年末の風物詩である有馬記念師走となれば誰もが一攫千金を夢見る。その対象は大きく分けて2つ、JRAの有馬記念(G1)と年末ドリームジャンボ宝くじだ。馬券は実力次第で的中を手繰り寄せることができる一方、宝くじは完全な運任せ。まったく対極にある…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    「テーオーケインズを脅かす人気薄…」三冠騎手を育てた鬼教官のチャンピオンズC穴馬

    Sponsored
    236409

    ◆ワールドカップ以上の注目イベント!中東のカタールで行われているFIFAワールドカップは、日本代表が優勝候補のドイツに劇的な勝利。コスタリカ戦も終え、12月1日に注目のスペイン戦を控えている。決勝トーナメントに向け、森保監督の采配が注目され…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    1800万円VS100万円の戦い!JRA阪神ジュベナイルフィリーズに下剋上あり?

    Sponsored
    237214

    ◆男なら誰もが羨む話だが…競馬の面白いお金の話がある。それが種付け料だ。かつて産駒が数億円単位で売れていたディープインパクトの場合、1回の種付け料が4000万円に達したことがある。1度の種付けが家やマンションと同じ価値というのだから、リスク…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
松井秀喜が選ぶ「プロ野球ベストナイン」で「あいつはラクした」辛口評価の遊撃手
2
第5回WBC 大谷、ダルビッシュらメジャー組「一転不参加」危機
3
「虚言・嘘泣き野郎・溺れるナルシスト」YOSHIKIを襲うTOSHIの強烈「コキ下ろし歌詞」大騒動
4
「授かり婚」土屋太鳳にドラマ現場から「しばらく戻ってこなくていい」の声が出る理由
5
関西ラウンジママが悲痛激白…最強寒波で最も困る職業は「夜のホステスなんです」