芸能

「200万円で示談」でも扱いづらくなったデヴィ夫人の立ち位置

“バラエティの御意見番”として、辛口トークが何かと話題のデヴィ・スカルノ夫人(73)。そのデヴィ夫人が、1月15日に放送された「奥様はモンスター2」(TBS系)で一般女性に平手打ちのビンタ3発もくらわし、被害届を出されるという騒動にまで至った。

「“奥様は女王様”というコーナーで、その女性がデヴィ夫人に『デヴィ夫人も男性を虐げている』と言った言葉に、怒って手を上げてしまいました。スタッフが、慌てて止めに入ったもののデヴィ夫人は、そのままスタジオの外へ。民放のバラエティで、まったくとんでもない事をしてくれたものですよ」(芸能誌記者)

 被害届を受理した警視庁は、暴行容疑で捜査を開始。しかし実は、その女性のデヴィ夫人への暴言は、局による“ヤラセ”だったという噂が関係者の間で浮上している。

「女性は事前に(スタッフから)『嫌な女を演じて番組を盛り上げてほしい』という指示を受けていたようです。デヴィ夫人の短気な性格を見越して挑発しようとしたんでしょう」(局関係者)

 この話が事実なら、デヴィ夫人は番組スタッフにハメられたことになる。被害届という手痛いオマケまでついて。そもそもデヴィ夫人の持ち味は、その辛口トーク。それが故に以前から様々なトラブルを巻き起こしてきた。

「みんなが知っているところで、浅香光代とのバトルをはじめ、昨年の11月には番組で共演したタレントの小島瑠璃子に腹を立て、自身のブログで小島を批判するようなコメントを記載。さらには、今回のビンタ騒動についてもブログで『私が平手打ちしなければならなかったのは、西川史子かもしれませんね』と書き込みました。こちらでもひと騒動起きそうですね」(前出・芸能誌記者)

 芸能人とのバトルが、もはや専売特許ともなっているデヴィ夫人だが、一般人ともなれば話は別。すでに200万円で示談は成立したということだが、デヴィ夫人がテレビで扱いづらいタレントになったことは間違いなさそうだ。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , , , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    飲み続けていたら夜もイキイキしてきた!?口コミで話題の「活力アミノ酸(R)DX」とは?

    Sponsored
    213053

    コロナ禍という長いトンネルも徐々に出口が見え、昨今は人々の社会活動も活発的になってきた。連休は「久々にゴルフに出かけた」「家族サービスで国内旅行をした」といったパパ世代の諸兄も多いのではないだろうか。在宅勤務から勤務へ徐々に回帰する企業も増…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    テストコアNO3が若者から評判なワケは?理由と口コミ調査

    Sponsored
    184479

    男性の性の悩みといえば、中高年世代のイメージが強い。ところが今、若者の半数近くが夜のパフォーマンスに悩みを抱えている。ヘルスケアメディアの調査(※1)によって、10代から30代の44.7%が「下半身」に悩みを抱えているという衝撃の実態が明ら…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
「ヒルナンデス!」野外ロケでアクシデント発生!直射日光がスケさせた井桁弘恵「白スカートの中身」
2
「クビ間近」コンビが消えた!大迷走「バス旅」番組が二転三転した舞台裏
3
阪神・井上ヘッド「来季は中日に電撃入閣」で示された「ある条件」とは?
4
「有名人とヤリました」木下優樹菜がぶっちゃけたフジモン以外との「生々しい性事情」
5
「なんちゅう格好してんだ!」三浦瑠麗が見せ続けた「朝まで生バスト」歓喜の渓谷美