芸能

テレビ界「ヤラセ番組37年」全暴露〈報道・ドキュメンタリーの舞台裏〉(1)逸見政孝が激怒し降板

 真実を伝えるべき、報道やドキュメンタリー番組にも、現実は視聴率欲しさの暴走がまかり通ってきた歴史があった。

 昨年12月放送のNHKBS1のドキュメンタリー「河瀬直美が見つめた東京五輪」で、〈五輪反対デモに参加している〉人物が〈実はお金をもらって動員されている〉という事実と異なる字幕を番組スタッフが付けた問題が騒動となっている。張本氏が憤る。

「今回、問題になっているのはドキュメンタリーですからね。一切のヤラセはNGでしょう。NHKは明らかに確信犯。19年に海外向けサービス『NHKワールド JAPAN』で放送した『レンタル家族』をテーマにしたドキュメンタリー番組『Inside Lens』でも、客と称した人が実は仕込みのスタッフだったこともありました」

 NHKといえば、過去にも「プロジェクトX~挑戦者たち~」にて、番組内で取り上げた高校を過剰に荒廃した学校のように表現。「クローズアップ現代」ではNHK大阪放送局の記者が大阪府在住の50代の男性に対し「多重債務者が出家して別人になりすまし、融資を受ける『出家詐欺』のブローカー役になって債務者とやりとりする演技をしてほしい」と依頼していたことが発覚、物議を醸したこともあった。

「仕込みが雑なのはNHKの伝統でしょうね。ヤラセ慣れしてないから」(張本氏)

 もっとも、民放キー局も負けてはいない。人気ドキュメンタリー番組に、視聴者からブーイングが巻き起こった過去があるのだ。先の放送作家が回顧する。

「30年以上前の番組『素敵にドキュメント』(テレ朝系)では、素人女性の『性』をテーマにした企画で女性タレントを仕込みに使っていたことが発覚。司会を務めていた逸見政孝さんが『テレビマン、特にドキュメント番組の制作者が最もやってはいけないことをやったのは失格です。私自身、1人の放送人として我慢できません』などと激怒し、そのまま番組を降板したことは、今でも多くの人の記憶に刻まれているのではないでしょうか。現在も放送されている長寿番組『ザ・ノンフィクション』(フジ系)でも、オカマのマキさんとオナベのジョンさん夫婦の生活を追う人気シリーズで、ケンカなどほとんどしない実像を曲解して過剰演出。憤った本人たちが告発して話題になりました」

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    バーガーキングが「空き物件」募集「成約で10万円」太っ腹作戦の狙い

    ファーストフードチェーン「バーガーキング」が2月5日から、出店してほしい物件を応募フォームから送ると特典がもらえる「バーガーキングを増やそう」キャンペーンを開始した。紹介した物件に出店が決まった場合には、何と10万円がもらえるという。「同チ…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , |

    藤井聡太の年間獲得賞金「1憶8000万円」は安すぎる?チェス世界チャンピオンと比べると…

    日本将棋連盟が2月5日、2023年の年間獲得賞金・対局料上位10棋士を発表。藤井聡太八冠が1億8634万円を獲得し、2年連続で1位となった。2位は渡辺明九段の4562万円、3位は永瀬拓矢九段の3509万円だった。史上最年少で前人未到の八大タ…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
緊急帰国の「ツイてない男」メッツ・藤浪晋太郎が千載一遇のチャンスを逃して「命取り」に
2
さいたま市民が埼玉高速鉄道の「延伸」を熱望するのは「大宮駅で乗り換え」がダメダメすぎるから
3
中国が日本国内に設置「秘密警察拠点」の幹部女性を雇用した自民党参院議員の激ヤバ度
4
【トップシークレット】ヤクルト・奥川恭伸が決断を迫られる「トミー・ジョン手術」長期離脱
5
古代シュメール人に文明を与えた「幻獣オアンネス」は宇宙服を着た地球外生命体だったという考察