芸能

広瀬すず、最新映画「DV性暴行場面」初公開(3)監督は深津絵里も脱がせていた!

 5月公開の新作映画「流浪の月」で、赤裸々な原作を凌ぐ「DV性暴行される」衝撃シーンが早くも注目されている広瀬すず。

「流浪の月」を撮った李相日監督は、「フラガール」で第30回日本アカデミー賞の最優秀作品賞・監督賞・脚本賞など、数々の賞を受賞してきているが、李監督は、すずのハードシーンの他にも、過去に意外な女優を脱がせている。

 現在のNHK朝ドラ「カムカムエヴリバディ」で18歳役が妙にハマッていると話題の深津絵里だ。

 15歳で出演したJR東海のCM「クリスマス・エクスプレス」で広く知名度が上がり、その後、清純派女優として活躍していた深津が、イメージを覆す過激ベッドシーンに挑戦した「悪人」は傑作の誉れが高い。

 福岡の女性殺人事件の犯人・祐一(妻夫木聡)と、男女が出会いを求めるサイトで知り合った光代(深津)は惹かれ合い、ズブズブと深い関係に落ちていくと─。

「祐一に誘われるままホテルに直行すると、シャワーも浴びずに立ったまま窒息せんばかりの勢いで濃密なディープキスを始めました。興奮した祐一は息を荒らげながら光代のコートを脱がせ、インナーの上から胸元に顔を埋める。そしてベッドに押し倒し、光代はされるがまま仰向けに。白い肌着を乱暴に脱がされ、ゴムも装着せずに寝バックで挿入されるんです」(映画ライター)

 深津の衝撃的ベッドシーンはこれだけでは終わらない。警察の目を避けるように逃亡していた最中、一度は出頭を試みるも、祐一がそばからいなくなるのを恐れた光代がやめさせ、高ぶった2人はホテルに移動する。次の場面では、いきなりお互いマッパになり、男が上になり抱き合う最中で、「はぁはぁはぁ、んんっ」と、深く突かれるたびに深津の貴重なアエギ声が部屋に響き渡る。

 唇を合わせながら強く華奢な体を抱きしめると、深津の透明感のある柔肌の横バストがあらわになるなど、男が果てていくまでが濃密に描かれていた。こうした場面の描写に関して映画評論家の秋本鉄次氏は、「真正面から描き、ゆっくり時間をかけて作品に落とし込んでいる印象があります」と話す。さらに深津にしても広瀬にしても、唯一、李監督の作品で最大の艶っぽいシーンにに挑んでいることを挙げ、「それだけ信頼されているのでしょう」とも 指摘する。

 一部メディアでは「脱がせ屋」との異名をとる李監督。女優も脱ぐためには必然性が必要。今回の新作映画では、ベッドシーン自体が、全体のストーリーのカギを握るだけに、すず史上最大の衝撃となるのは間違いないだろう。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    飲み続けていたら夜もイキイキしてきた!?口コミで話題の「活力アミノ酸(R)DX」とは?

    Sponsored
    213053

    コロナ禍という長いトンネルも徐々に出口が見え、昨今は人々の社会活動も活発的になってきた。連休は「久々にゴルフに出かけた」「家族サービスで国内旅行をした」といったパパ世代の諸兄も多いのではないだろうか。在宅勤務から勤務へ徐々に回帰する企業も増…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    テストコアNO3が若者から評判なワケは?理由と口コミ調査

    Sponsored
    184479

    男性の性の悩みといえば、中高年世代のイメージが強い。ところが今、若者の半数近くが夜のパフォーマンスに悩みを抱えている。ヘルスケアメディアの調査(※1)によって、10代から30代の44.7%が「下半身」に悩みを抱えているという衝撃の実態が明ら…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
「なんちゅう格好してんだ!」三浦瑠麗が見せ続けた「朝まで生バスト」歓喜の渓谷美
2
川島なお美「前貼りなし」で挑んだ古谷一行とのベッドシーン「入っていた」伝説
3
大政絢&ワンオクToruの結婚で「弘中綾香アナとの破局理由」が再注目されたワケ
4
「バスト透けすぎ!」三浦瑠麗が公開した「国葬参列の喪服写真」があんまりスゴイので…
5
村上宗隆もヒヤリ!ヤクルト歓喜のビールかけで田口麗斗が絶叫した「禁断のセリフ」