社会

医者のはなしがよくわかる“診察室のツボ”<アルツハイマー型認知症>原因は「脳内のゴミ」40代から変化が…

 高齢化社会で増加の一途をたどる認知症。その7割を占めるのが「アルツハイマー型認知症」だ。

 この「アルツハイマー型」は、「アミロイドβ(ベータ)」という物質が脳に一定量蓄積することで、脳の悪化の引き金となることが研究でわかっている。

「アミロイドβ」は、脳内で作られるタンパク質の一種。通常は脳内のゴミとして短期間で分解・排出されるが、排出されずに脳に蓄積すると脳の神経細胞が死滅して、認知機能の低下につながっていくのだ。認知症を発症した人には、正常な人の25倍の「アミロイドβ」が脳に溜まっているという報告もある。

 実は、認知症に気づく20年以上も前から、「アミロイドβ」が蓄積しているといわれている。40、50代から、すでに脳細胞レベルでは変化が始まっているのだ。

 原因は不規則な日常生活、不健康な食生活、睡眠時の無呼吸、ストレス、基礎疾患、運動不足、社会的孤立などが影響していると考えられている。

 ポイントは、40代~50代から「アミロイドβ」を溜めない生活習慣。そのために重要なのが運動だ。特に、ウォーキングやジョギング、水泳などの有酸素運動は、脳の神経栄養因子の増加や、大脳の海馬の神経細胞の増加を促してくれる。動物実験においても運動している動物と、していない動物を比較すると、運動している方が「アミロイドβ」が溜まりにくいことが明らかになっている。

 食事で気をつけたいのは、塩分や糖分、カロリーを摂りすぎないことだ。特に認知症予防に効果的だと考えられている、くるみ、かつお、さけ、えごま油、いわし、まぐろなどの「オメガ3脂肪酸」を含んだ食品を積極的に摂取しよう。

 認知症予防のためには、日頃の適度な運動と、バランスのとれた食事が近道なのである。

田幸和歌子(たこう・わかこ):医療ライター、1973年、長野県生まれ。出版社、広告制作会社を経てフリーに。夕刊フジなどで健康・医療関係の取材・執筆を行うほか、エンタメ系記事の執筆も多数。主な著書に「大切なことはみんな朝ドラが教えてくれた」(太田出版)など。

カテゴリー: 社会   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    飲み続けていたら夜もイキイキしてきた!?口コミで話題の「活力アミノ酸(R)DX」とは?

    Sponsored
    213053

    コロナ禍という長いトンネルも徐々に出口が見え、昨今は人々の社会活動も活発的になってきた。連休は「久々にゴルフに出かけた」「家族サービスで国内旅行をした」といったパパ世代の諸兄も多いのではないだろうか。在宅勤務から勤務へ徐々に回帰する企業も増…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    テストコアNO3が若者から評判なワケは?理由と口コミ調査

    Sponsored
    184479

    男性の性の悩みといえば、中高年世代のイメージが強い。ところが今、若者の半数近くが夜のパフォーマンスに悩みを抱えている。ヘルスケアメディアの調査(※1)によって、10代から30代の44.7%が「下半身」に悩みを抱えているという衝撃の実態が明ら…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
爆弾投下で朝ドラ降板も!浜辺美波を襲う「男スキャンダル」大暴露予告の心身異変
2
水着写真で判明!藤田ニコル「おマタの膨らみ」に向けられた「アノ疑惑」に出た結論
3
貴島明日香、人気お天気キャスター1位も納得のバスト渓谷写真の「破壊力」!
4
「有村架純のバストを揉みしだく」禁断映像の一斉配信に異常興奮と嫉妬の嵐!
5
松岡茉優がM字開脚でDカップを揉みしだく!問題作の「過激プレイ」で噴出した「フルオープン」熱望論