スポーツ

槙原寛己、“巨人の練習量No.1”選手に感じた「江川卓へのライバル心」を動画回顧

 巨人三本柱として活躍した槙原寛己氏が、自身のYouTubeチャンネル〈ミスターパーフェクト槙原〉で、歴代巨人の選手で「練習量ベスト3」を発表。通算533本の犠打バントの世界記録をもつ川相昌弘氏の名前を3位に挙げていたが、1位はてっきり現・巨人1軍投手チーフコーチの桑田真澄氏かと思いきや、2位にとどまった。そして、栄えある1位として、あのレジェンドの名前が槙原氏の口から飛び出す展開を見せた。同チャンネルの1月31日付け投稿回〈【2位は桑田真澄!巨人・練習量がスゴい選手ベスト3】ルーキーとは思えない驚異の練習量とは…1位はあの伝説の投手【80~90年代巨人軍ベスト3シリーズ#1】〉で発表されたのは西本聖氏だった。

 西本氏といえば、1980年代の巨人をエースとして牽引し、81年には沢村栄治賞を獲得。通常の練習量では足りないとばかりに、グアムキャンプで西本氏と同部屋となった槙原氏は、練習後の西本氏のランニングに付き合うことも多かったようで、ビーチでのんびり日焼けに勤しむ他の選手を横目に、並走したそうだ。

 その西本氏の猛練習の根底にあったものについて、槙原氏はこう解説した。

「江川さんに負けたくないっていうのがあったんです。人と同じことやってたんじゃあ、絶対勝てないと思ってる」

 西本氏のライバルと目された江川卓氏は、それまで西本氏が獲れずにいた最多勝利のタイトルを80年と81年に2年連続で獲得。その悔しさはいかばかりか想像に難くない。

 その西本氏は巨人では無冠に終わったが、江川氏が87年を限りに引退した後、中日ドラゴンズに移籍した89年に初の最多勝利に輝いている。

 練習は裏切らない…そんな西本氏の執念が実った初タイトルだったのではないだろうか。

(ユーチューブライター・所ひで)

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    今永昇太「メジャー30球団でトップ」快投続きで新人王どころか「歴史的快挙」の現実味

    カブス・今永昇太が今季、歴史的快挙を成し遂げるのかもしれないと、話題になり始めている。今永は現地5月1日のメッツ戦(シティ・フィールド)に先発登板し、7回3安打7奪三振の快投。開幕から無傷の5連勝を飾った。防御率は0.78となり、試合終了時…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
2026年WBC「ピッチクロック採用」に猛反対する日本球界の交換条件は「大谷翔平DHルール」
2
【こりゃ何だ!?】空から羊・熊・鹿の肉が大量に降ってきた!「ファフロツキーズ現象」の研究結果
3
しれっと復帰の三浦瑠麗さん、「6.21地上波テレビ出演」の渡部建に「鋼のメンタル」を与えてやって!
4
新庄剛志監督から「仰天指令」が出る!オールスター出場に怯える日本ハムナインのボヤキ
5
新庄剛志と日本ハムが去って「札幌ドーム」は火の車に!3時間で赤字が1億円超も増える「悪夢」