芸能

後輩・ソラシド水口を批判した次長課長・河本に殺到する視聴者からのクレーム

 12年に母親の生活保護不正受給問題で世間を騒がせた次長課長の河本準一(38)が、5日に放送された「ナカイの窓」(日本テレビ)に出演。その番組での発言が問題視されているというのだが、その内容とは…。

「番組中、河本が本気で殴りたくなるほどイラつく芸人として後輩のソラシド水口(37)を名指しで挙げていましたね。イラつく理由とは、『大阪で東京に来る一ヶ月前から標準語で話す』『歩くスピードが急に早くなり、“これが東京のスピード”だと言う』『初めて行ったグアムのプールで“懐かしい”と発言する』『深夜にサングラスをかけ自転車にぶつかる』などでしたね。河本の母親が生活保護を不正受給していた問題に比べたら、水口のエピソードは全て軽い内容でしたよ。この程度でぶん殴られたら、河本の不正受給問題は一体どんな仕打ちがあるのか」(テレビウォッチャー)

 不正受給問題から2年経った今でも、視聴者からの河本への厳しい声は変わらずテレビ局に届いているという。

「今でも、河本が出演した番組には、『なぜ、あんな奴を出すんだ』『テレビで見たくない』と、クレームの声が寄せられています。それもあって、制作サイドも警戒してわざわざ起用しようと思わない。語学バラエティ番組『イラっとくる韓国語講座』(テレビ東京)が約1年ぶりに再スタートし、レギュラー出演しているのですが、問題発覚前のレギュラー数に比べたらはるかに少ないですよ」(バラエティ番組スタッフ)

 謝罪してから時間は経過しているが、仕事は戻ってこない状況の河本。生活保護の怨念の根深さに一番驚いているのは、本人自身に違いない。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , , , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    多部未華子、「行列のできる法律相談所」で見せた“顔の進化”に視聴者騒然!

    132223

    8月24日から25日にかけ放送された「24時間テレビ」(日本テレビ系)は、平均視聴率16.5%で歴代13位の好成績を記録。駅伝マラソンでの、いとうあさこのラストスパートのシーンでは瞬間最高視聴率39.0%と驚異的な数字をとり、そのまま後番組…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , |

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
ゴムは常備!? 重盛さと美、32年間お泊りなしの”連れ込み型女子”宣言のワケとは
2
綾瀬はるかも関係!?長澤まさみ、「ドラゴン桜」で“下半身見せ”覚悟の裏事情
3
ボタンが弾け飛びそう!新井恵理那、“Dバスト”躍動バドミントン動画に絶賛の声
4
とんねるず、「タモリのビールをよそにドンペリ」押し通した驚愕バブリー現場
5
有吉&夏目、“バレなかった逢瀬現場”を推察した今田耕司の「意外な着眼点」