芸能

地雷に要注意… TV美女11人の禁断“NGワード”を裏検索(2)

 美女タレントには、夫について触れるのは“ご法度”なケースが多い。

「有名なのは、土屋アンナ(29)。一見、豪放磊落でタブーがなさそうですが、旦那の菊地大和(32)の話はNGにしているらしいですね。きっかけは3年前に傷害と公務執行妨害で逮捕された一件。これは、もともと夫婦ゲンカが元で大立ち回りになってしまったんですけど、アンナは記者に聞かれると、べらべらしゃべっちゃうんですよ。それだけに、事務所が事前にマスコミにきつく口止めしている。CMにも大きく影響しますからね」(広告代理店関係者)

 意外なところでは、早見優(47)もその一人。キャスティング会社スタッフが声を潜めて言う。

「今の旦那は、早見のアメリカンスクールの先輩で、スイス銀行の日本支店勤務。アイドルとして活躍していた10代の頃から、早見はずっと恋い焦がれていたんですよ。そして念願かなって結婚。ただ、結婚前はこの旦那さん、かなりの遊び人で、女性遍歴も華やかだった。それを思い出すので、夫の話題はダメなんですって」

 くしくも、早見は夫のディスコ通いにお供していたのが縁で「DISCO TRAIN」(TOKYO MXテレビ)というディスコ番組で司会を務めることになった。だが、夫の当時の行状だけは、絶対に話題にできないようだ。

 一方、こんなケースもある。

国生さゆり(47)は昨年9月、コンサルタント会社社長の甲田英司氏(40)とわずか結婚1年7カ月で離婚。ざっくばらんな国生だけに、離婚の話自体はいいんですが、『国生さんがフラれた』という言い方をすると、取材自体がストップするほど激怒する。彼女はプライドが高いので、お互い話し合って別れたという形にしないといけないんです。実際には、はるな愛(41)の甲田氏への“接触”が原因なんですけどね」(テレビ局番組スタッフ)

 負けず嫌いの性格が災いしているようだ。

 また、ソチ五輪出場がかなわず、現在はタレント活動に精を出している安藤美姫(26)も、いまだに「アノ件」に触れることは絶対NG。

 バラエティ番組関係者もこうあきれ果てる。

「昨年誕生した娘の話はOKだったんですが、事前に『パパの話は控えてほしい』『詮索めいたフリもやめて』と通告されましたね。実は、まだ父親の問題が、家族の間で解決していないようで、シリアスな状況のようです」

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , , , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    芸能・政治・カネの「実は?」に迫る!月額550円で“大人の裏社会科見学”

    Sponsored
    194887

    予期せぬパンデミックによって生活や通勤スタイルがガラリと変わった昨今、やれSDGsだ、アフターコロナだ、DXだと、目まぐるしく変化する社会に翻弄されながらも、今を生き抜くのが40~50代の男たち。それまでは仕事が終われば歓楽街へ繰り出し、ス…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    テストコアNO3が若者から評判なワケは?理由と口コミ調査

    Sponsored
    184479

    男性の性の悩みといえば、中高年世代のイメージが強い。ところが今、若者の半数近くが夜のパフォーマンスに悩みを抱えている。ヘルスケアメディアの調査(※1)によって、10代から30代の44.7%が「下半身」に悩みを抱えているという衝撃の実態が明ら…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
今田美桜、吉岡里帆を圧倒した「ジャンボなバスト」CM映像が話題沸騰!
2
木南晴夏、インスタの水着姿で再注目された「意外に豊かなバスト」!
3
吉岡里帆、「裏で“こぼれそうだったバスト”」を封印報道に嘆きの声!
4
有村架純、「前科者」風呂シーンで見せた“マッパ美ボディ”にファン歓喜!
5
太川陽介の鉄道旅がぺこぱへ継承!田中要次・羽田圭介が迎える“危機”とは