芸能

「トイレ不貞」に“白黒”つけた佐々木希の“2億円”逆転人生(3)女性の支持層が追い風に

 芸能ジャーナリストの竹下光氏が佐々木の変貌ぶりを明かす。

「かつては台本のセリフを覚えることなくスタジオ入り。現場を凍りつかせることもあったようですが、今では役作りも完璧にこなし、極寒の野外ロケも文句ひとつ言わずに笑顔でこなす。スタッフからのウケは抜群ですよ」

 ドラマ「ユーチューバーに娘はやらん!」の現場では、今年1月下旬に主演の佐々木を含め、関係者10人以上が新型コロナに感染。収録と通常放送を中断する事態に見舞われたものの、

「状況から見て、佐々木は感染(うつ)された側であるにもかかわらず、現場復帰するなり『大変ご迷惑をおかけしました』と方々に頭を下げていました。親しいスタッフに子供の写真を見せて場を和ませることもあるようです」(竹下氏)

 そんな佐々木とよく比較されがちなのが、同じ事務所に所属する杏(35)だ。芸能プロ幹部が語る。

「不倫で杏を裏切った元夫の東出昌大(34)は、離婚後も『養育費がたったの1万円』といったスキャンダル報道に見舞われ、人気はガタ落ち。今年2月に事務所をクビになり、俳優生命の危機にさらされている。もしも渡部が佐々木と別れていたら、どんな情報をバラまかれていたことか‥‥」

 夫をポイ捨てするどころか、みごとに再生させた妻の鑑。今や悲壮感漂う「サレ妻」のイメージはない。

「不倫騒動の後、好感度が下がるどころか、女性の支持層はむしろ増えているように感じます。インスタグラムのフォロワー数は、渡部さんのテレビ復帰からもジワジワと伸びて450万人以上。これは日本人女優の中でトップ。コメント欄を見てもわかるように、それだけたくさんのファンが彼女を応援しているのです」(木村氏)

 女性の支持層を追い風に年収はうなぎ上りだ。広告代理店関係者によれば、

「現在3社とCM契約を結び、ドラマ以外のレギュラー番組は2本。プロデュースを手掛けるアパレルブランドの売り上げも好調です。CMでは美を前面に押し出した化粧品のイメージが強かったのですが、今後はNGナシで下着や洗剤など、主婦向け商品のPRにも起用される見込み。NHKの朝ドラ効果もあって年収2億円は堅いでしょう」

 昨年夏には「4億円マンション」の購入が女性誌で報じられたばかり。この稼ぎっぷりなら、ゲス夫はもう一生、頭が上がるまい。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    今永昇太「メジャー30球団でトップ」快投続きで新人王どころか「歴史的快挙」の現実味

    カブス・今永昇太が今季、歴史的快挙を成し遂げるのかもしれないと、話題になり始めている。今永は現地5月1日のメッツ戦(シティ・フィールド)に先発登板し、7回3安打7奪三振の快投。開幕から無傷の5連勝を飾った。防御率は0.78となり、試合終了時…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
ヤクルト・高津臣吾監督が頭を悩ます山田哲人「年俸5億円の大スランプ」と「三塁コンバート」
2
ロッテ・佐々木朗希「日本ハムに3対1の電撃トレード」謎の投稿が激論に!【2024年5月BEST】
3
【不可解】メッツ・藤浪晋太郎バッチリ投げているのに「60日間の負傷者リスト入り」の手切れ金放出
4
アメリカで今も大真面目に議論される「知的生物ヒト型爬虫類」が人間をマインドコントロール説
5
JR「青春18きっぷ」に異常事態!夏の発売が危うい「リミット」は6月20日