芸能

コブクロ・小渕健太郎、「ぜんぜん響かない」名曲の感動秘話にやっぱり出た冷めた声

 コブクロの小渕健太郎が、4月5日に放送された音楽番組「この歌詞が刺さった!グッとフレーズ」(TBS系)に出演。コブクロの名曲「蕾」に秘めた思いを明かした。

 同楽曲は小渕が亡き母親を思って書いた楽曲で、「就職して大阪に行って半年後に病気で(母は)亡くなったんですけど、病室にも行けて手を握っていたんですけども、最後に(母が)ギュッと握ってくれた気がしたんですね」と回顧。

 そのうえで、「花が散る時に見たことがあると思うんですけど、あれって別に花が死んでるんじゃないと思うんですよね。もう一回咲こうとしてるんじゃないかなって…だから最後の最後にもう一度、養分とか水分を吸い上げて咲こうとする時に動いちゃって桜は散るって、なんとなく思うんですよ」とし、「だから、母が(最期に手を)ギュッと握ったのは、もう一回僕に何かを伝えようとした。だから、そのエネルギーで命が消えていったのかなって…」と、自分なりの解釈を歌詞に込めたことを説明した。

 小渕の作詞秘話を聞いた番組MCの加藤浩次は「すごいわ…ちょっとグッときたわ」と感動しきりだったが、ネット上の視聴者の反応を見ると「歌詞の意味よりも不貞報道についての釈明を聞きたい」「せっかくの名曲も自分のせいで打ち消していくタイプ」「小渕はしくじったイメージしかない。感動秘話言われても響かないんだよな」など、過去を掘り下げる厳しい指摘が相次いだ。

「心に響く恋愛ソングや家族ソングを多く持つコブクロですが、小渕は16年、相方の黒田俊介も21年に不貞疑惑を報じられており、以降、彼らの歌う曲は全く心に響かなくなったという音楽ファンは多いようです。また、黒田は不貞報道が出た際、相手の女性、その家族、ファンに向けて謝罪をしていますが、小渕の方は完全スルーの姿勢を貫いている。その辺りも、過去を延々とイジられ続ける原因なのでしょう」(エンタメ誌ライター)

 代償はなかなか大きいようだ。

(田中康)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    ゲームのアイテムが現実になった!? 疲労と戦うガチなビジネスマンの救世主「バイオエリクサーV3」とは?

    Sponsored

    「働き方改革」という言葉もだいぶ浸透してきた昨今だが、人手不足は一向に解消されないのが現状だ。若手をはじめ現役世代のビジネスパーソンの疲労は溜まる一方。事実、「日本の疲労状況」に関する全国10万人規模の調査では、2017年に37.4%だった…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    藤井聡太の年間獲得賞金「1憶8000万円」は安すぎる?チェス世界チャンピオンと比べると…

    日本将棋連盟が2月5日、2023年の年間獲得賞金・対局料上位10棋士を発表。藤井聡太八冠が1億8634万円を獲得し、2年連続で1位となった。2位は渡辺明九段の4562万円、3位は永瀬拓矢九段の3509万円だった。史上最年少で前人未到の八大タ…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
「致死量」井上清華アナの猛烈労働を止めない「局次長」西山喜久恵に怒りの声
2
巨人の捕手「大城卓三と小林誠司」どっちが「偏ったリード」か…大久保博元が断言
3
京都「会館」飲食店でついに値上げが始まったのは「他県から来る日本人のせい」
4
フジテレビ井上清華「早朝地震報道で恥ずかしい連呼」をナゼ誰も注意しない?
5
【鉄道】新型車両導入に「嫌な予感しかしない」東武野田線が冷遇される「不穏な未来」