芸能

NEWS SHOT(2) NHK紅白「暴・歌手排除」はポーズだけ!「演歌枠」安泰でトリは結局サブちゃんだって

 今年で62回を数える「NHK紅白歌合戦」。10月19日には白組・嵐、紅組・井上真央の両司会者が発表されたが、注目は○暴歌手排除の動きだろう。
 演歌界に衝撃が走ったのは、今月6日のこと。10月から全国で完全施行された「暴力団排除条例」に触れたNHK・松本正之会長が、「出演者と暴力団との関わりはあってはならない」と強調。もし関係が判明すれば「出演契約を解除する」方針を明らかにしたからだ。
 芸能関係者が話す。
「松本会長は『選考時点で関係があるかが重要だが、(過去についても)どれだけキレイになっているか』と、歌手の身辺調査の実施も明言しました。過去には北島三郎や山本譲二、細川たかしなど、ヤクザとの交流が発覚し、出演を見送った演歌歌手は何人もいます。特に今年は紳助のこともありますし、昨年、男女合わせて13組が出演した〝演歌枠〟が半分以下になるのではと見られています」
 今年のテーマは「あしたを歌おう。」。東日本大震災の復興を意識し、例年より15分繰り上げて、過去最長の4時間半で放送される。「震災復興ということで、岩手県出身の千昌夫や新沼謙治など、東北とつながりの深い人が有力視されています」(前出・芸能関係者)
 ただ、ここにきて「演歌枠は例年どおり」という声も漏れ伝わってきた。
 民放関係者が明かす。
「NHKが言う身辺調査ですが、いったいどこまで本気でやるのか。24時間ベッタリと張り付いて監視するなどできるわけがありません。要は、紳助のように、世間的に問題視されるような事件でも起これば『紅白』から外す、というレベルではないでしょうか」
 制作会社関係者も次のように話す。
「『紅白』ほどの国民的番組になれば、ある程度前からオファーを出している。選考時点でヤクザとの関係がなければ出場可能なわけですから、NHKからすると、この2カ月は『おとなしくしておいてくれ』というのが本音でしょうね」
 また、演歌枠を減らすことで変な勘ぐりを入れられることは、NHKにとっても得策ではないという。
「先日も、ある演歌系の芸能事務所の人が『昔はいろいろとあったけど、今はまったくのクリーン。それなのに〝紳助事件〟以降、地方の演歌系イベントが自粛ムードにある』とボヤいていました。でもね、NHKからのキャンセルはまったくないそうなんです。断る理由がないわけだから当然といえば当然です。それに来年も普通に歌番組があるわけで、NHKが歌手に悪いイメージをつけたとなれば、そっちのほうが問題。だから事件でも起きないかぎりは今年も例年どおり。トリはサブちゃんの『まつり』で決まりでしょう」(前出・制作会社関係者)
 昨年は11月24日に出場歌手が公表された。今年の演歌枠はどうなるのか、1カ月後の発表を待ちたい。

カテゴリー: 芸能   タグ:   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    参加無料の賞金大会実況リポート!いま激アツなオンライン麻雀の“リアル”

    Sponsored
    156506

    ここ数年、急増している麻雀番組。昨今、超人気アイドルグループをはじめ、グラドル界からも麻雀にハマるメンバーが続々登場。彼女たちの間では「グラドル雀士枠」の争奪戦も展開されているとか。もはや可愛いさだけではなくプロとも渡り合えるガチな雀力が求…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    アラフォー男性の健康トラブルが増えている!?“人生100年時代”を生き抜く3つのヒントとは?

    Sponsored
    155376

    “貧乏暇なし”とはよくいったもので、来る日も来る日も働きづめでストレスはたまる一方だ。暴飲暴食で食生活は乱れ、疲れがなかなかとれないばかりか、眠りは浅く熟睡もできない。こんな毎日だから朝から体がダルいし、集中力や判断力が鈍って仕事ではミスば…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
太川陽介が最もヤバいバス旅マドンナに言及!マルシアじゃなかった!?
2
「極主夫道」視聴率伸び悩み、“局内議論”で浮上した「最も根本的な問題」とは
3
太川陽介、「バス旅でわがままマドンナを夜に慰めていた」秘話を激白!
4
太川陽介のバス旅、次企画は「鬼ごっこ」!ライバルチームリーダーは誰だッ
5
本田真凜、「NHK杯」9位の苦戦よりファンが注目した“ボディの成長”!