芸能

これでは韓国エンタメに勝てない?ケンコバが皮肉った日本映画界“性加害”の闇

 お笑いタレント・ケンドーコバヤシが4月13日放送の「アッパレやってまーす!」(MBSラジオ)に出演。日本の映画界に物申す場面があった。

 番組中、Netflixの話が出た際、「やっと観たよ俺も。『イカゲーム』」と切り出したケンコバ。「俺だけやろな、最初から黒幕わかったの。速攻わかった」と少し自慢げに語り、「でも、悔しいよ俺は。あれたぶん、日本発祥の文化やからな。ああいうデスゲームって。『カイジ』やろ、たぶん。『ライアーゲーム』とか」と、韓国ドラマの「イカゲーム」の元ネタが日本のデスゲームものという自説を語った。

 これにアンガールズ田中卓志が「俺もそう思いました」と同調すると、ケンコバは「それを世界向けに韓国に作られちゃったということでしょ。悔しいよ」と言い、田中も「『カイジ』のほうが凄いですよね」とコメント。

 ケンコバはさらに、「日本の映画監督も頑張って欲しいけど、女優にばっかり手出しているからさ」と最近続く映画界の性暴力問題を皮肉り、さらに“女優と肉体関係持つヒマあったら、もっと世界に向けた映画作ってくれよな”とも訴えていた。

「榊英雄、木下ほうか、園子温監督と続いた性加害の告発はまだ出てくるかもしれません。女優の吉高由里子や橋本愛などがSNSでコメントしたり、女性作家が声明を出したりと、映画業界が抱える問題として、撲滅に向けたムーブメントが広がっていますからね」(芸能ライター)

 この際、膿を出しきってもらいたいものだ。

(鈴木十朗)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    飲み続けていたら夜もイキイキしてきた!?口コミで話題の「活力アミノ酸(R)DX」とは?

    Sponsored
    213053

    コロナ禍という長いトンネルも徐々に出口が見え、昨今は人々の社会活動も活発的になってきた。連休は「久々にゴルフに出かけた」「家族サービスで国内旅行をした」といったパパ世代の諸兄も多いのではないだろうか。在宅勤務から勤務へ徐々に回帰する企業も増…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    テストコアNO3が若者から評判なワケは?理由と口コミ調査

    Sponsored
    184479

    男性の性の悩みといえば、中高年世代のイメージが強い。ところが今、若者の半数近くが夜のパフォーマンスに悩みを抱えている。ヘルスケアメディアの調査(※1)によって、10代から30代の44.7%が「下半身」に悩みを抱えているという衝撃の実態が明ら…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
「ヒルナンデス!」野外ロケでアクシデント発生!直射日光がスケさせた井桁弘恵「白スカートの中身」
2
「クビ間近」コンビが消えた!大迷走「バス旅」番組が二転三転した舞台裏
3
阪神・井上ヘッド「来季は中日に電撃入閣」で示された「ある条件」とは?
4
「有名人とヤリました」木下優樹菜がぶっちゃけたフジモン以外との「生々しい性事情」
5
「なんちゅう格好してんだ!」三浦瑠麗が見せ続けた「朝まで生バスト」歓喜の渓谷美