社会

医者のはなしがよくわかる“診察室のツボ”<結膜下出血>左右の白目が真っ赤に…。目を温めることは逆効果

 鏡を見たら白目が真っ赤になっていた。そんな症状があったら「結膜下出血」かもしれない。

 結膜下の小さい血管が破れたことで発症する病気で、まばたきをする際に、結膜が引っ張られて、出血を起こすと考えられている。

 目の「充血」と混同されがちだが、「充血」の場合は、細い血管が拡張した状態なので、血管が見えるのが特徴。血管収縮剤を使うと赤みが減るので見分ける際に有効だ。

 一方、「結膜下出血」は、痛みや痒みなどの自覚症状がほとんどないので、他人から指摘されたり、鏡を見て初めて気づくケースが多い。

 つい、白目の出血だと心配になるが、目の奥で出血する「眼底出血」とは違うため、視力低下や、視野が狭くなることもないので安心してほしい。

 目の出血自体は、放っておけば1~2週間で出血は自然に吸収され、綺麗な白目に戻るため、特に治療の必要はないが、それ以上経っても治らない場合は眼科を受診するといいだろう。

 ただ「結膜下出血」の引き金となるのは、くしゃみや咳、過飲酒、ストレスという説もあるが、はっきりしていないのが現状だ。

 気をつけたいのは、疲れ目と同じくホットタオルなどで目を温めて症状を緩和しようとすること。これではかえって血流が増し、症状を悪化させることになりかねない。「結膜下出血」の症状がある時は、目の乾燥を防ぎ、パソコンやスマホの使用は控えめにして、症状を悪化させないことに努めたい。

 もし、白目が真っ赤になっているだけでなく、痛みや痒み、目ヤニ、涙の回数が増えるなど、他の自覚症状がある場合は、別の目の病気の可能性もあるため、眼科医で検査を受けたほうがいい。

田幸和歌子(たこう・わかこ):医療ライター、1973年、長野県生まれ。出版社、広告制作会社を経てフリーに。夕刊フジなどで健康・医療関係の取材・執筆を行うほか、エンタメ系記事の執筆も多数。主な著書に「大切なことはみんな朝ドラが教えてくれた」(太田出版)など。

カテゴリー: 社会   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    ゲームのアイテムが現実になった!? 疲労と戦うガチなビジネスマンの救世主「バイオエリクサーV3」とは?

    Sponsored

    「働き方改革」という言葉もだいぶ浸透してきた昨今だが、人手不足は一向に解消されないのが現状だ。若手をはじめ現役世代のビジネスパーソンの疲労は溜まる一方。事実、「日本の疲労状況」に関する全国10万人規模の調査では、2017年に37.4%だった…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    藤井聡太の年間獲得賞金「1憶8000万円」は安すぎる?チェス世界チャンピオンと比べると…

    日本将棋連盟が2月5日、2023年の年間獲得賞金・対局料上位10棋士を発表。藤井聡太八冠が1億8634万円を獲得し、2年連続で1位となった。2位は渡辺明九段の4562万円、3位は永瀬拓矢九段の3509万円だった。史上最年少で前人未到の八大タ…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
あの「号泣県議」野々村竜太郎が「仰天新ビジネス」開始!「30日間5万円コース」の中身
2
3Aで好投してもメジャー昇格が難しい…藤浪晋太郎に立ちはだかるマイナーリーグの「不文律」
3
高島礼子の声が…旅番組「列車内撮影NG問題」を解決するテレビ東京の「グレーゾーンな新手法」
4
「致死量」井上清華アナの猛烈労働を止めない「局次長」西山喜久恵に怒りの声
5
皐月賞で最も強い競馬をした3着馬が「ダービー回避」!NHKマイルでは迷わずアタマから狙え