社会

キックボード「超ゆるゆる法改正」をめぐる「命懸け」大ブーイング

 街中でよく見かける電動キックボード運転者。これには賛否両論がある。

「電動キックボードを違法に運転したとして、運転者が書類送検されるニュースが飛び交っているからです」

 と説明するのは、社会部記者である。

「それもそのはず、歩道走行禁止にもかかわらず、バンバン歩道を走る。悪い場合は逆走までする法律違反の運転者が多いからです。そんな電動キックボードの新しいルールを盛り込んだ改正道路交通法が先日、衆院本会議で可決、成立しました」

 基準に適合する電動キックボードは原付バイクと同じ扱いであるため、これまで公道を走るには免許やヘルメット、ナンバープレート、自賠責保険の加入などが必要とされていた。ところが、である。今回の改正でこれらの規制が緩和され、自転車のように気軽に乗れるものになるのだ。しかも16歳以上であれば免許不要で運転可能で、ヘルメットの着用は任意。確かに便利とはいえ、交通整理はどうなっていくのか。SNSでの世間の反応を見てみると、否定的なものが多々あった。一部を挙げると、

「後ろからいきなり2人乗りの電動キックボードに追突されて、転んだことがあります。転んだだけで済んだけど、命の危険もある乗り物なのに、免許なしとは驚きです」「法律違反の運転者がニュース番組でよく取り上げられていたから、厳罰化へ向かうのかと思ったら、逆!?」「歩道を走る自転車問題もあるとはいえ、自転車とは種類が違うと思うんだけど…」

 一方で、肯定派はというと、

「欧米ではキックボードが道路を席巻しているのだから、よいのでは」

 より一層、手軽に乗れるようになっていくだろうキックボード。乗る側だけでなく、周囲も命懸けだということだけは覚えておくべきだろう。

カテゴリー: 社会   タグ: , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    ゲームのアイテムが現実になった!? 疲労と戦うガチなビジネスマンの救世主「バイオエリクサーV3」とは?

    Sponsored

    「働き方改革」という言葉もだいぶ浸透してきた昨今だが、人手不足は一向に解消されないのが現状だ。若手をはじめ現役世代のビジネスパーソンの疲労は溜まる一方。事実、「日本の疲労状況」に関する全国10万人規模の調査では、2017年に37.4%だった…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    藤井聡太の年間獲得賞金「1憶8000万円」は安すぎる?チェス世界チャンピオンと比べると…

    日本将棋連盟が2月5日、2023年の年間獲得賞金・対局料上位10棋士を発表。藤井聡太八冠が1億8634万円を獲得し、2年連続で1位となった。2位は渡辺明九段の4562万円、3位は永瀬拓矢九段の3509万円だった。史上最年少で前人未到の八大タ…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
大久保博元が明かした巨人大失敗の内情…原辰徳前監督は「常に無茶振りばっかり」
2
中田英寿が中村俊輔の引退試合に出場しなかった理由を盟友・城彰二が告白
3
人前ではとても口にできない…鉄道ファンに「残念な愛称」で呼ばれる路線3選
4
大谷翔平の結婚相手特定に「元バスケ選手」急浮上…「キャンプ地で見守る女性」衝撃動画
5
投資額が10分の1になる「愚の骨頂」…専門家が重大警告「国が後押しする新NISAは地雷だらけ」