スポーツ

阪神「低空飛行」の原因は打撃コーチ陣の「格落ち」だった

 開幕以来、低空飛行を続ける阪神だが、その要因のひとつが1軍首脳陣、特に打撃部門の指導者の実績不足では、との声が上がっている。

 新井良太打撃コーチはプロ12年で、通算298安打。規定打席に達したシーズンさえもない。また、プロ野球在籍18年の北川博敏打撃コーチにしても、打撃タイトルは獲得していない。

 これに対し、他球団はそうそうたるメンバーがそろっている。首位を走る巨人は本塁打王2回の村田修一打撃兼内野守備コーチが指導にあたっているし、DeNAも最多安打2回の石井琢朗総合コーチと、2度の首位打者に輝いた実績を持つ鈴木尚典打撃コーチが二人三脚で臨んでいる。中日にしても、今季から本塁打王や打点王にも輝いた中村紀洋打撃コーチを中心に、チームの打撃力アップに取り組んでいる。

 1軍での活躍実績がなければ指導者として失格、というわけではない。だが阪神のような球団では、他球団に比べて実績が劣っているコーチが指導することはハンディになる。

 セ、パ・両リーグで1軍コーチとして選手を指導した経験を持つ球界OBは言う。

「特に巨人や阪神のような人気球団は、周囲からチヤホヤされている。そのため、選手も『自分はすごい選手だ』と勘違いしている部分がある。よほど実績のある大物が指導しないと、耳を貸さない」

 阪神には外部から口を挟むOBも多い。古くはミスタータイガースと呼ばれた村山実やアニキ・金本知憲らのように、現役時代に抜群の成績を残した指導者も、チームが低迷すれば“口撃”の的となる。最下位を走る現状に、OBたちがこのまま黙っているわけがない。ここぞとばかりに声を上げ始めるのは時間の問題だ。

「元々、『タイトル争いをした経験もなく、レギュラーでもなかったコーチより俺の方がいい。彼らに何が教えられるのか』というスタンスですからね」(スポーツ紙デスク)

 今季限りで矢野監督の退任は決まっている。来季に向けて、今から大物打撃コーチ招聘に動くべきではないか。

(阿部勝彦)

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    ドジャース・大谷翔平はなぜ「6月に最高潮」なのか科学的分析!メラトニン分泌とホルモンの秘密

    なぜ大谷翔平は毎年6月になると、調子が上がるのか。メジャー通算500打点にあと1、200本塁打まであと3本に迫った6月最終戦は無安打に終わったものの、月間12本塁打、24打点をマーク。日本人選手として最多となる通算5度目の月間MVP受賞が有…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , , |

    大谷翔平だけじゃない!メジャー影の首位打者「ベイビー・イチロー」は山形県がルーツの「侍ジャパン候補」

    メジャーリーグは6月を終えて、ア・リーグの打率トップはエンゼルスのレンヒーフォ(3割1分7厘)。それをヤンキースのジャッジが猛追しているが(3割1分3厘)、実は「影の首位打者」がいた。ガーディアンズのスティーブ・クワンだ。現地メディア関係者…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
楽天に蔓延する「田中将大は不要」電撃退団後にプライドを捨てて「テスト入団」を!
2
イギリスに実在した「世界最恐のサイコパス双子姉妹」ジューンとジェニファーの「双子語」狂乱人生
3
「ヤリ投げ投法」で故障離脱のドジャース・山本由伸に「球団が契約破棄できるオプトアウト条項」あり【2024年6月BEST】
4
吉沢京子「芦屋夫人」を捨てた離婚と「中村勘三郎との6年愛」仰天告白/壮絶「芸能スキャンダル会見」秘史
5
韓国から「出ていけ!」ホン・ミョンボ代表新監督への〝ウソつき呼ばわり〟は日本人選手がキッカケだった