芸能

桜田淳子が統一教会「合同結婚式」発覚で「隠れキリシタン」発言/壮絶「芸能スキャンダル会見」秘史

 あの記者会見には、本当に驚かされた──。1992年6月30日、場所は赤坂にあるTBS。桜田淳子が統一教会(現・世界平和統一家庭連合)の合同結婚式参加を表明した会見だ。内容もさることながら、開始時刻が午前7時30分。夜討ち朝駆けなど当たり前とはいえ、会見には早すぎる時間帯である。

 きっかけは、前日のある放送だった。日本テレビ系のワイドショー「ルックルックこんにちは」が、統一教会の信者である桜田の姉を自宅でインタビュー。その中で、妹・淳子の合同結婚式への参加をほのめかしたのだ。放送後、真相を聞くため、桜田の居場所探しが始まった。桜田は東京・品川で番組のロケ中。所属事務所と交渉すると「記者会見は必ずやります。時間と場所は追って連絡します」となり、その場はいったん収まったかのように見えた。

 ところが待てど暮らせど、事務所からの連絡はない。結局、テレビ局と事務所との間ですったもんだの末、朝のワイドショーの放送時間に間に合わせ、会見がセッティングされることになったのである。

 スター街道を進んだ華やかさとは裏腹に、桜田の私生活はかなり複雑だったようだ。中学1年の時、6歳上の姉が地元・秋田の統一教会に入信。父・金一郎さんは「被害者の会」秋田県会長として、教会と対峙した。桜田も「お姉ちゃんを返せ!」と教会に何度も電話をしたことがあった。ところが彼女が歌手になるため上京し、姉夫妻と生活をともにするようになると、心境が激変。しだいに統一教会の教えに傾倒していったようだ。

 さて、会見場に現れた桜田は「いつかはこの件をお話ししなければ、と思っていました」と前置きし、胸のうちを吐露し始めた。

「19歳の時、姉の生活を目の当たりにして、自ら求めて入信しました。でも騒ぎを恐れ、隠れキリシタンのようにしてきました」

 合同結婚式についての書類は全て提出済みで、きっぱりとこう言い切ったのだ。

「私も34歳。見ず知らずの相手といっても、価値観が一緒で人生の目的、方向性が同じ人が集まるのだから、不安はありません。(性の儀式についても)教会の教えは愛と性を大切にする。この儀式は正しい家庭生活をスタートする上での厳粛な儀式と考えています。抵抗はありません」

 会見終了後、秋田にある彼女の実家を訪ねると、玄関先に現れた母親は涙声でこう言った。「連絡はありました…。でも『おめでとう』とは言えないです」

 会見から2カ月後、桜田はソウルでの合同結婚式に参加、人生の伴侶を得た。そして芸能界には復帰せず、現在も都内で専業主婦として生活しているという。

 彼女をデビュー当時から知るレコード会社関係者のこんな言葉が、今でも忘れられない。

「淳子は常に理想を持ち、それに少しでも近づこうと、コツコツと努力する優等生だった。だから百恵や昌子が結婚しても『私は歌と芝居に一生を懸ける』と公言していた。でも、いくら努力しても、彼女が求めていた『青い鳥』は現れなかったのかもしれませんね」

 桜田は姉夫婦の家庭を見て「これこそ理想の結婚だと感じた」と語っている。恋愛より仕事をとった彼女の「青い鳥」は合同結婚式で最高の伴侶を得ることだったのだろう。が、仕事を失ったことを考えると、なんとも皮肉めいている。

山川敦司(やまかわ・あつし):1962年生まれ。テレビ制作会社を経て「女性自身」記者に。その後「週刊女性」「女性セブン」記者を経てフリーランスに。芸能、事件、皇室等、これまで8000以上の記者会見を取材した。「東方神起の涙」「ユノの流儀」(共にイースト・プレス)「幸せのきずな」(リーブル出版)ほか、著書多数。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    今永昇太「メジャー30球団でトップ」快投続きで新人王どころか「歴史的快挙」の現実味

    カブス・今永昇太が今季、歴史的快挙を成し遂げるのかもしれないと、話題になり始めている。今永は現地5月1日のメッツ戦(シティ・フィールド)に先発登板し、7回3安打7奪三振の快投。開幕から無傷の5連勝を飾った。防御率は0.78となり、試合終了時…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
「離婚の原因はキングカズ」元日本代表MFが告発した「有無を言わさぬ電話」事件
2
太川陽介YouTube版「単独バス旅」で千葉と茨城を勘違い!「プロ」の面目まる潰れの「赤面シーン」
3
「世界頂グルメ」がいただけない!水曜日の視聴率を沈下させる「ただ食べてるだけ」
4
JR東日本高崎支社「電気機関車」と「ディーゼル機関車」一斉大量引退で訪れる阿鼻叫喚の「大パニック」
5
31年目に明かされた真実!ASKAが「“しゃかりきコロンブス”の謎」を激白