芸能

周囲を驚かせた渡辺裕之の「震える声」と撮影現場からの「電話攻勢」

 5月3日に自宅地下のトレーニング室で急逝した渡辺裕之さん(享年66)。「ファイト!」「一発!」の決めゼリフのCMや昼ドラマ「愛の嵐」(フジテレビ系)などの嵐シリーズで活躍し、女優・原日出子とのおしどり夫婦ぶりでも知られた。共演者などからは、その人柄を偲び惜しむ声が上がっている。

 歌手・泉谷しげるはバラエティー番組で「本当にかっこいいですよ、当時、若いから…。ところがですよ。銃を撃つんでも何でもすごい憶病で、もう耳をふさいで『やだ』ってぐらい。びっくりしちゃって、あまりに人間が違うんで。見た目と」と、たくましい体つきとは真逆の繊細な一面を語った。

 歌手・タレントのはいだしょうこは、インスタグラムにツーショ写真を公開。「俳優さんとご一緒で、緊張していた私に、『普段、なんて呼ばれてるの?』とはじめから気さくにお話しして下さり、呼び方を決めたり」「ロケ中も、私が苦手な部分はすべて引き受けて下さったり、カメラが回っていない時でも、音楽のお話をしたり、ずっとずっと、気にかけて下さいました。ロケが終わってからも、ご連絡下さったり、本当に本当にお優しい方でした」などと渡辺さんの思いやりを感じる裏話を綴った。

 しかし、繊細で優しい性格が裏目に出たのか、ここ1、2年は落ち込んでいた、との証言も出ている。

「ライブでは震えながら『どうしても自信がもてない』と口にし、ドラマの撮影現場からは原さんに頻繁に電話をかけていたそうです。1、2年前に会ったライターによると、取材中、ずっと貧乏揺すりをしていて驚いたそうです。顔では笑っていても、内面では必死で不安に耐えていたのかもしれません」(雑誌記者)

 コロナ禍で仕事のオファーが減っていたとの報道も。

 1年前にはYouTube〈ゆきチャンネル〉を始め、ひょうきんで楽しい素顔も披露していた。しかし登録者数は2050人(5月9日現在)となかなか増えなかった。そうしたことの積み重ねが、渡辺さんを苦しめたのだろうか。これ以上、コロナの犠牲者が増えるのはもうたくさんだ──。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    飲み続けていたら夜もイキイキしてきた!?口コミで話題の「活力アミノ酸(R)DX」とは?

    Sponsored
    213053

    コロナ禍という長いトンネルも徐々に出口が見え、昨今は人々の社会活動も活発的になってきた。連休は「久々にゴルフに出かけた」「家族サービスで国内旅行をした」といったパパ世代の諸兄も多いのではないだろうか。在宅勤務から勤務へ徐々に回帰する企業も増…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    テストコアNO3が若者から評判なワケは?理由と口コミ調査

    Sponsored
    184479

    男性の性の悩みといえば、中高年世代のイメージが強い。ところが今、若者の半数近くが夜のパフォーマンスに悩みを抱えている。ヘルスケアメディアの調査(※1)によって、10代から30代の44.7%が「下半身」に悩みを抱えているという衝撃の実態が明ら…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
川島なお美「前貼りなし」で挑んだ古谷一行とのベッドシーン「入っていた」伝説
2
黒柳徹子が「どっちでもいい」バッサリ!ホラン千秋の「徹子の部屋」残念発言
3
「バスト透けすぎ!」三浦瑠麗が公開した「国葬参列の喪服写真」があんまりスゴイので…
4
大政絢&ワンオクToruの結婚で「弘中綾香アナとの破局理由」が再注目されたワケ
5
「なんちゅう格好してんだ!」三浦瑠麗が見せ続けた「朝まで生バスト」歓喜の渓谷美