社会

東北に巣食う“震災悪魔”を徹底追及(2)「被災地の高齢者を狙う詐欺の手口」

 決して少なくない人たちが、いまだに仮設住宅暮らしを余儀なくされている。そんな被災者たちにまで、「悪魔」は手を出していた。

 この3年間、東日本大震災に関する取材を続けているジャーナリスト・村上和巳氏が語る。

「福島の中通りなどで、仮設住宅を訪ねると高齢者世帯が多いのですが、その高齢者から、『新しく設置した固定電話の留守電の消し方がわからないから』と、頼まれることがあるんです。それで消す前に留守電の内容を聞いてみると、マンション、金、お墓といった詐欺の売り込みや投資話、先物取引ばかり。電話番号も流出しているんですよね」

 弱者に狙いを定めた「悪魔」の正体について、被災地の犯罪事情に詳しい元ヤクザ組織幹部のX氏が解説する。

「以前は、福島でも宮城でも、海寄りの地域でアワビの密猟がけっこうヤクザの資金源になってたんだよ。ところが、震災でセシウムが漏れてからアワビが大きくなって、産地偽装してもバレるそうで、商売にならないって。それで、東電からの賠償金を受け取っている高齢者を狙おうってことになったんだな」

 そうした高齢者には息子や娘の家族がいても、土地に残りたい親の世代とは違い、よその土地で暮らしているケースが目立つ。その結果、高齢者と大金だけが仮設住宅に残っているケースも少なくないというのである。

「高齢者でもケータイを持ってるっていうし、その人たちの電話番号を悪いボランティアが集めてくるなんてこともあるようだな。いわゆる振り込め詐欺のパターンで、『墓が壊れちゃって直すから200万~300万円必要なんだ』という形のようだが、被害者の境遇を考えてみろよな。仮設住宅で暮らして、家族とも離れていたりしてるんだ。罪悪感はないのかね」(前出・X氏)

 福島県では警察の把握しているかぎりで、「振り込め詐欺」と、それ以外も含めた「なりすまし詐欺」の合計が12年の41件から13年は94件と激増。被害総額は3億円を超えている。宮城県でも73件から131件へ被害は増大し、総額5億5000万円近くまで被害額が上っているのだ。

カテゴリー: 社会   タグ: , , , , , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    伊藤沙莉、「バストトップ出し&アエギ声」映画用にボイス訓練の“躍進女優力”

    161972

    若手女優きってのバイプレイヤー伊藤沙莉(26)の大躍進が止まらない。どこか親近感を持てるルックスと独特のハスキーボイスを携えて映画に引っ張りだこだというのだ。「主演の伊藤健太郎のひき逃げのためにお蔵入りになりかけた11月6日公開の『十二単衣…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , , |

    多部未華子、「行列のできる法律相談所」で見せた“顔の進化”に視聴者騒然!

    132223

    8月24日から25日にかけ放送された「24時間テレビ」(日本テレビ系)は、平均視聴率16.5%で歴代13位の好成績を記録。駅伝マラソンでの、いとうあさこのラストスパートのシーンでは瞬間最高視聴率39.0%と驚異的な数字をとり、そのまま後番組…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , |

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
瀬戸大也、復帰でも美人妻・馬淵優佳の“アピール”が呼んだ「再批判」のワケ
2
本田望結、オトナへの成長が目覚ましい“ぽっちゃりセーラー”の大絶賛!
3
福原遥、「教場II」で“一人勝ちだった”と指摘されるワケ
4
バス旅・浅田舞、「惜しかったお風呂シーン」も“評価爆上がり”の理由とは?
5
報じた新聞に激怒?デヴィ夫人、パーティ主催釈明も続々の“批判ポイント”