社会

東北に巣食う“震災悪魔”を徹底追及(3)「大震災に乗じて多発する“悪魔”たちの所業」

 X氏が語る。

「これまでの振り込め詐欺みたいに通帳や銀行の窓口だと、何回かやってるうちにバレる可能性があるよな。あるいは本人に接触して取りに行くようなパターンだと、警察が待ってるかもしれない。それで最近は、空き地に宅急便で現金を送らせるって詐欺が出てきたな。周囲を確認しながら、番号追跡機能で調べて、時間合わせて受け取るんだ」

 皮肉にも、空き地が多くなってしまった被災地ならではの犯罪と言えよう。

「詐欺関係では、通帳集めはここ、電話番号集めはここ、役者集めはここ、みたいにヤクザ組織が垣根を越えて協力し合ってるってな」(前出・X氏)

 聞きたくはない「絆」である。

 とはいえ、そこはシノギを削る闇社会。醜い足の引っ張り合いもあるという。

 あの大震災で大打撃を受けた仙台の繁華街では、再生できなくなった飲食店や風俗店も多くあった。過去の店が立ち退いたあとには新たな店舗が入って再生が行われたが、なんと、「みかじめ料」の奪い合いが起きていたというのである。

 風俗業者とヤクザ組織を取り持つブローカーが明かす。

「震災後、セールスマンみたいにリクルートスーツを着て、関西のヤクザがまず呼び込みに『店長さん、いまっか?』って声をかけてきて、愛想もよくて腰も低い。聞いた話だと、店長に組織名を明かして『ケツ持ちしまっせ。地元のヤクザより安くやりまっせ。このビル何店舗入ってまっか? 全部で話つけてくれまへんか?』なんて持ちかけてたそうです。その安さのおかげで、地元ヤクザとまとまっていた風俗店のみかじめ料の権利を強奪したケースもあったといいます」

 他県のヤクザが乗り込んできて悪事を働くのは想像もつくが、一方で、被災地を回った海外の農業関係者は、とある被災県の農家からこんな恐ろしい言葉を耳にしたという。

「コメ農家が『コメから放射能が出たら、新潟のほうから買って混ぜて売っちゃうんだよ』って。まあ、ショックが大きすぎて、破れかぶれで言ったのかもしれないですけど、あんまりな発言でしたね」

 いずれにせよ、大震災という空前絶後の闇が「悪魔」たちの所業を加速させているのが現状だ。

「結局、行政の動きがノロいですよね。復興が進めばつけいる隙はないはずですが、落ち着くのに、あと2~3年はかかると思います」(村上氏)

 除染作業の前に、“悪魔”狩りという作業も必要のようである。

カテゴリー: 社会   タグ: , , , , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    【緊急座談会】中年世代にど真ん中の夏カジュアルはあるのか!?

    Sponsored
    182685

    40代ともなると違和感を感じ始めるのが、休日のカジュアルファッションだ。体型が変わったり、若い頃に着ていた服が似合わなくなったり「何を着たらいいか分からなくなる」のがこの世代の特徴。昔ほどお金をかけるわけにもいかず、とりあえず安価なユニクロ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    クラファン発!最先端サプリ「スパルトT5」の実力と評判とは?

    Sponsored
    182842

    コロナ禍は、生活様式も働き方も大きく変えた。「仕事帰りにちょっと一杯」も難しくなった今、ビジネスの最前線で活躍する現役世代を蝕む過大なストレスが問題となっている。そんな精神的負担も原因なのか、これまで高齢男性に多かった“夜の悩み”を訴える3…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

注目キーワード

人気記事

1
真木よう子、「Gバストがお腹に乗ってる」なド迫力オフショットにファン騒然
2
「木村文乃のバストを揉みしだく」東出昌大との驚愕映像に羨望の声!
3
木村文乃、“艶気なし”指摘を吹き飛ばす「前かがみ水着バスト渓谷」の破壊力!
4
本田望結、ボディ成長と美人化がどんどん進む!ファンも困惑の“ノビシロ”
5
真木よう子、「Gバストが白シャツを突き破りそう!」なコスプレ姿「健在破壊力」