社会

消臭アイテムが売れている!“加齢臭”完全撃退マニュアル!(2)加齢臭はメタボ臭?

20140403z

 実は、加齢臭ができるメカニズムは、脳血管疾患や心臓病を招く生活習慣病になるメカニズムとまったく同じだという。五味院長が解説する。

「生活習慣病では血管の中で中性脂肪やコレステロールが増えると活性酸素も増えてきます。これが酸化されてできた過酸化脂質は酸化作用が強く周囲の脂肪やコレステロールを芋づる式に酸化していく。コレステロールが酸化されると悪玉コレステロールとなり、血管に沈着することで血管を狭め、動脈硬化となり、最終的に心筋梗塞、脳梗塞などへと進んでいきます」

 加齢臭の場合は、このメカニズムと同じことが、皮脂腺で起きているというわけだ。

「そう考えると加齢臭イコール『メタボ臭』と呼んでもいいでしょう。若い時から急に加齢臭が強くなった場合には、体の中がメタボになっているサインだと考えるべきです」

 こうした加齢臭の発生を食い止めるには、まず食生活を見直すことから始める必要がある。

「生活習慣病になる仕組みと同じと考えれば、メタボ検診における注意事項と同様、ストレスをためない、暴飲暴食を控える、適度な運動をする、睡眠を十分とる、などの生活習慣を守ることが大切です。中でも食事は重要で、油モノや肉類といった動物性脂質というのは、コレステロールのもと、つまり加齢臭のもとを食べているようなものです。抗酸化作用のあるポリフェノール、カテキン、イソフラボンなどを多く含む食品を摂取するためには豆腐、納豆、食物繊維の豊富な和食を主食とし、緑黄色野菜や海藻などを副食にすることをお勧めします」(五味院長)

 それでもなお、自分のニオイが気がかりな人には「ノカレ」のほか、さまざまな消臭グッズも用意されている。

 東急ハンズ新宿店では、3階のヘルス&ビューティーのフロアで特設コーナーを設け、こうした清潔感を高めたり、デオドラント効果のある商品を陳列している。販促担当の二宮養成氏が説明する。

「売れ筋の商品は柿渋石鹸など定番のものから、ニオイがついたあとに衣服の上から吹きかけるスプレー式のものなど多種用意していますが、嫌なニオイを消してほのかに香る微香性の商品が人気です。他にも特にニオイのきついワキや足の裏などに特化した製品、夏場では消臭効果のある下着も飛ぶように売れています」

 こうした消臭グッズは、一度使用すると手放せないそうだ。

カテゴリー: 社会   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    多部未華子、「行列のできる法律相談所」で見せた“顔の進化”に視聴者騒然!

    132223

    8月24日から25日にかけ放送された「24時間テレビ」(日本テレビ系)は、平均視聴率16.5%で歴代13位の好成績を記録。駅伝マラソンでの、いとうあさこのラストスパートのシーンでは瞬間最高視聴率39.0%と驚異的な数字をとり、そのまま後番組…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , |

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
熊田曜子、”歩くか夜の営みしか運動しない”報道で“岡村との過去”が再燃!
2
小百合様も登場、日本の芸能史を飾った「バスト大事件」とは?
3
水卜麻美がリバウンド?「ニットが小さ過ぎ!」Gカップへのボリューム増
4
阿部華也子がいきなり「Eバスト」強調で騒然!人気陥落の焦りか?
5
「思い上がるな!」東出昌大の奔放生活に激怒した上沼恵美子への称賛