芸能

料理はダメダメ!芦田愛菜がポンコツ素顔を出し始めた「成人前のキャラ変」作戦

 女優の芦田愛菜が、6月19日に放送の「~芦田愛菜のメタモルフォーゼ~」(日本テレビ系)に出演し、プライベートでの意外なドジっぷりを明かした。

 この番組は、芦田が主演の映画「メタモルフォーゼの縁側」の公開記念として放送された特別版。撮影の裏側などが明かされたのだが、共演する「なにわ男子」の高橋恭平とともに映画にまつわる質問に答えるコーナーで「思ってもみない経験は?」との問いが。

 これに芦田は、次のように答えたのである。

「小さい話なんですけど、先日、お餅を食べようと思って、磯辺焼きのタレを作ってたんですよ。あれってお醤油とみりんと砂糖を混ぜるじゃないですか。で、こう何となく混ぜてても砂糖が全然溶けなくて、溶けないなと思いながら作っていて、食べたら塩だったんですよね」

 この告白に、高橋は爆笑。さらに芦田は、

「家に塩、砂糖、小麦粉って並んでて、全部白いじゃないですか。私の感覚では、砂糖は真ん中なんですよ。なのに母が砂糖と塩を逆に入れ替えてて、溶けないなって。思ってもみなかったなと思いました」

 芦田は「芦田プロ」などと言われるほど、何事も完璧にこなす真面目な印象が強いが、近頃はそれとは真逆の一面を打ち明ける場面が増えている。

「6月13日の『スッキリ』(日本テレビ系)にVTR出演した際は、友達に言われてショックだった言葉として『愛菜ちゃんって意外と話すんだね』を挙げ、無口なイメージが強いことに戸惑ったことを明かしていましたね。また18日放送の『1億3000万人のSHOWチャンネル』では料理企画に挑戦するも、味噌汁ぐらいしか作ったことがないことを告白。いざ回鍋肉を調理し始めるとアタフタしっぱなしで、ポンコツぶりを発揮していました。本人が現状に窮屈さを感じているのか、新たな引き出しを作ろうとしているのかは分かりませんが、完璧主義のお堅いイメージから脱却し始めているのは確かなようです」(芸能記者)

 芦田の場合は少々ヌケている部分を出した方が高感度がさらに上がりそうなだけに、意図的であればやはり「芦田プロ」と言えるだろう。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    ゲームのアイテムが現実になった!? 疲労と戦うガチなビジネスマンの救世主「バイオエリクサーV3」とは?

    Sponsored

    「働き方改革」という言葉もだいぶ浸透してきた昨今だが、人手不足は一向に解消されないのが現状だ。若手をはじめ現役世代のビジネスパーソンの疲労は溜まる一方。事実、「日本の疲労状況」に関する全国10万人規模の調査では、2017年に37.4%だった…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    藤井聡太の年間獲得賞金「1憶8000万円」は安すぎる?チェス世界チャンピオンと比べると…

    日本将棋連盟が2月5日、2023年の年間獲得賞金・対局料上位10棋士を発表。藤井聡太八冠が1億8634万円を獲得し、2年連続で1位となった。2位は渡辺明九段の4562万円、3位は永瀬拓矢九段の3509万円だった。史上最年少で前人未到の八大タ…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
「致死量」井上清華アナの猛烈労働を止めない「局次長」西山喜久恵に怒りの声
2
巨人の捕手「大城卓三と小林誠司」どっちが「偏ったリード」か…大久保博元が断言
3
京都「会館」飲食店でついに値上げが始まったのは「他県から来る日本人のせい」
4
完熟フレッシュ・池田レイラが日大芸術学部を1年で退学したのは…
5
フジテレビ井上清華「早朝地震報道で恥ずかしい連呼」をナゼ誰も注意しない?