芸能

ド変態発言もハラスメントもやりたい放題!高嶋政宏「大暴走番組」の意外な評判

 4月のスタート直後から、ずっと低視聴率に喘いだままのフジテレビ新・お昼の顔「ポップUP!」。あまりのひどさに、あれほど批判が多かった前番組、坂上忍の「バイキングMORE」のほうがまだよかった、などと言われる始末だ。

 そんな「ポップUP!」だが、個人的には木曜パーソナリティーの高嶋政宏だけは楽しみにしている。SNSでは番組内での性ハラまがいの言動で炎上しまくっているようだが…。それも含めて今、最も注目すべきタレントと言っていいだろう。

 舞台公演のためということで、初回の4月7日からいきなりスタジオ欠席の高嶋。ロケVTRのみの出演となったが、そこでアナウンサー相手に隙あらば下ネタに走ろうとする高嶋に批判が集中した。

 翌週14日はスタジオに登場したものの、今度はゲストの女優・松本若菜へのインタビューで、またもやハラスメント発言を連発するという暴走ぶり。

 さらに翌週の21日は、またもやスタジオ欠席。その後も欠席が続く高嶋に、代役のスピードワゴン・井戸田が「高嶋さんは何ですか。バラエティー引退されたんですか」とイジるほど。

 その間も「変態グルメ王 高嶋政宏の食の細道」なるロケVTRコーナーは続いていたが、それすら下ネタが過ぎたために全カットということもあり、そのたびにSNSが荒れた。

「このままクビかも!?」と思っていたら、6月2日の放送でスタジオ復帰。冒頭、いきなり拍手のタイミングを間違えたことを佐野瑞樹アナに注意された高嶋は、

「もう7週間やってるじゃないですか、この番組。俺、2回目なんですよね。不穏なムードになってんじゃないかと思って。今日、来ていいのかなと思ってたんですよね」

 そんなしおらしいことを言っていたのも束の間、この日、初対面のゆうちゃみへの挨拶もそこそこに、「かわいい!」と褒めまくり。そして彼女の骨折の手術痕に「足の傷がいい」と、マニアックな嗜好を吐露した。

 その後もずっとゆうちゃみの足を見続けて「また、スカートの丈が(たまらない)」と言い出し、山崎夕貴アナから「この辺にしときましょう」とたしなめられる始末。

 さらに、6月9日。この日のゲスト市川由衣とは過去にドラマで共演して以来の再会だった。そんな市川に、

「今だから聞きたいんですけど、台本に全然なかったのに、アドリブで(僕から)キスされた時はどう思った?」

 と、言わなくていいことを。そのドラマで、2人は不貞関係。ベッドシーンで台本になかったキスをいきなりしたことを自ら明かすのだった。撮影現場でのハラスメントが問題視されている昨今に、時流を読まないこの質問。露悪趣味にもほどがある。

 ところがそんな高嶋に、強力な援軍が現れた。6月16日の放送でのことだ。「千鳥」の大悟が、

「高嶋さんも面白いよな。もう『ポップUP!』なんて意識してないもんな。女の子がいる飲み屋の個室みたいな喋り。飲み屋でもあの会話するなら、ワシ個室入るもん」

 と大絶賛したのだ。

 ロケ中に普通にタバコを吸い、レギュラー番組「テレビ千鳥」では女性モノの肌着を身に着けて「人気肌着当てるまで帰れま3」なる企画をノリノリでやる大悟。が、不思議なことに、大悟だから、と許されているフシも。そんな大悟の後ろ盾を得たのだから、こんなに心強いことはない。

 コンプライアンスなど、どこ吹く風。高嶋兄と大悟が共演する、時代錯誤な番組、ぜひ見てみたいものだ。

(堀江南)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    “JRA有馬記念VS年末ドリームジャンボ”一攫千金を叶えるならどっちが現実的?

    Sponsored
    239326

    ◆年末の風物詩である有馬記念師走となれば誰もが一攫千金を夢見る。その対象は大きく分けて2つ、JRAの有馬記念(G1)と年末ドリームジャンボ宝くじだ。馬券は実力次第で的中を手繰り寄せることができる一方、宝くじは完全な運任せ。まったく対極にある…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    「テーオーケインズを脅かす人気薄…」三冠騎手を育てた鬼教官のチャンピオンズC穴馬

    Sponsored
    236409

    ◆ワールドカップ以上の注目イベント!中東のカタールで行われているFIFAワールドカップは、日本代表が優勝候補のドイツに劇的な勝利。コスタリカ戦も終え、12月1日に注目のスペイン戦を控えている。決勝トーナメントに向け、森保監督の采配が注目され…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    1800万円VS100万円の戦い!JRA阪神ジュベナイルフィリーズに下剋上あり?

    Sponsored
    237214

    ◆男なら誰もが羨む話だが…競馬の面白いお金の話がある。それが種付け料だ。かつて産駒が数億円単位で売れていたディープインパクトの場合、1回の種付け料が4000万円に達したことがある。1度の種付けが家やマンションと同じ価値というのだから、リスク…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
アンガールズ田中の結婚に水を差した和田アキ子のトンデモ勘違い発言
2
前巨人・山口俊「キャンプインなのに自主トレ」不可解行動で浮上した「スキャンダル暴露封じ」
3
「スシロー」悪質ナメナメ騒動で発覚した「醤油マズイ問題」の対処現場
4
田原俊彦が思わず口走ったジャニー喜多川氏への本音「ジャニーさん、何も考えてないよ」
5
歴史発見!親の仇・織田信長をうならせた…今川義元の子・氏真「名人級の技」