女子アナ

テレビ朝日・森山みなみアナが「局内最強バスト女王」に躍り出た!三谷紬と森川夕貴を圧倒した生放送中の「ユッサユッサ体操」

 ここへ来て、テレビ朝日の「最強バスト女子アナ」として、森山みなみアナの注目度が赤マル急上昇中だという。

 森山アナは入社2年目の23歳で、15年の学生時代からセント・フォースの学生部門であるスプラウトに所属。リポーターなどの活動を経て、昨年4月から「羽鳥慎一モーニングショー」のアシスタントに抜擢された。入社前のレギュラー決定が大いに話題になったと、テレビ朝日関係者は目を細めるのだ。

「当初からアナウンス力は抜群で、番組にもすぐ馴染んでいましたね。羽鳥やレギュラーコメンテーターの玉川徹氏との絡みもソツなくこなし、前のめりになり過ぎてしゃしゃり出てくるようなこともない。愛想もよく気配りもできると、スタッフの受けも上々のようです」(テレビ朝日関係者)

 当然ながら、女子アナファンの間でも評判が高く、

「6月20日放送の『モーニングショー』では、冒頭から森山アナらしくゆっくりと丁寧にお辞儀をしていたのですが、その際に、広めに開いたニットの襟ぐりから深々としたバストの渓谷が飛び出したんです。番組後半、お天気コーナーで恒例となっているストレッチ体操では、上体を反らしながらジャンプ。パンパンに張り出した胸をユッサユッサとバウンドさせ、男性視聴者を喜ばせていましたね」(放送作家)

 テレビ朝日では三谷紬アナや森川夕貴アナのバストが凄いとたびたび話題になるが、

「森山アナは2人に引けを取らない推定Eカップ。まだ20代前半の張りの良さを考慮すれば、局内最強バストの持ち主と言っても過言ではありません」(女子アナウォッチャー)

 今回の大サービスは、そんな評判を意識し始めてのことかも!?

カテゴリー: 女子アナ   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    飲み続けていたら夜もイキイキしてきた!?口コミで話題の「活力アミノ酸(R)DX」とは?

    Sponsored
    213053

    コロナ禍という長いトンネルも徐々に出口が見え、昨今は人々の社会活動も活発的になってきた。連休は「久々にゴルフに出かけた」「家族サービスで国内旅行をした」といったパパ世代の諸兄も多いのではないだろうか。在宅勤務から勤務へ徐々に回帰する企業も増…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    テストコアNO3が若者から評判なワケは?理由と口コミ調査

    Sponsored
    184479

    男性の性の悩みといえば、中高年世代のイメージが強い。ところが今、若者の半数近くが夜のパフォーマンスに悩みを抱えている。ヘルスケアメディアの調査(※1)によって、10代から30代の44.7%が「下半身」に悩みを抱えているという衝撃の実態が明ら…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
柴咲コウ&吉高由里子に惨敗!「荷が重すぎた」新木優子の「ガリレオ」演技
2
川島なお美「前貼りなし」で挑んだ古谷一行とのベッドシーン「入っていた」伝説
3
中国ファンドVS令和の相場師…日本企業「乗っ取り」攻防戦が過激化する
4
巨人・坂本勇人「伝統の一戦」がヤジの応酬になった阪神・西勇輝との「ゲス比べ」
5
「やめてーー!」足立梨花が「正面・バック・女性上位」ハメ映像漏洩に大絶叫