スポーツ

サンスポ水戸正晴の「絶対万券」論「ショウナンマグマが能力発揮」

 宝塚記念が終わり、今週から中央競馬は後半戦となるが、同時に本格的な夏競馬に突入する。

 関東は福島競馬の開催となるが、福島といえば馬(競馬)との関わりが大きい。

 一昔前までは、この梅雨時の福島開催になると市を挙げての歓迎で、そのにぎわい、熱気は半端なかった。以前ほどではないにせよ、今でも夜の街の話題は翌日のメインで、ああだこうだと馬券、競馬のことで引きも切らない。

 私が駆け出しだった頃(昭和40年代まで)は、スポーツ紙の多くの記者が市郊外にある飯坂温泉に投宿するのがもっぱらだった。

 今は昔のにぎわいはないが、誰もが周知の名湯。緩やかな坂の街であり、小さな川に沿ったその中腹を横に入ると、競馬愛好者の女将がいる居酒屋があった。そこが当時の記者、トラックマンのたまり場になっていた。安いしツケも利いたが、そこで1日の疲れを癒やすのがならわしだったのだ。

 その居酒屋のハス向かいに、温泉街にはおなじみのストリップ小屋があった。ここも競馬関係者の憩いの場である。そのスターである踊り子に2人の幼女がいて、楽屋や居酒屋の2階で乾いたおしめに取り替えてやるのも諸先輩たちだったのだ。

 それから何年か経つと、市内に泊まるのが当然になり、私もいっぱしの記者となった頃、そのストリップ小屋に足を運んでみた。先輩方のお供をしてのことだが、なんとあの幼女だった2人は、母親の後を継いで舞台に上がっているではないか。美形になった2人は先輩記者の顔を確かめるや「あーら、○○さんじゃない!(舞台に)上がってらっしゃいよ」。

 かぶりを振って拒んだまではよかったが、その後どうなったか。顛末を書くのは遠慮しておこう。

 ことほどさように、一昔前の競馬の街は、ほのぼのとして血が通っていたのである。前置きが長くなった。本題に入ろう。

 夏の福島開幕週のメインは、ラジオNIKKEI賞。成長期にあるこの時期の3歳馬同士のハンデ戦。難解だが、最も期待を寄せてみたいのは、ショウナンマグマだ。

 きさらぎ賞(11着)では2角過ぎて急に逸走してみたり、前走のプリンシパルS(11着)は有利な最内枠だったが、外から他馬に押しへされ、プレッシャーをかけられる形になると、急に走る気をなくして凡走したり。とにかく気性の難しさがあり、その点が難点。

 が、秘めた力は十分で、なかなかの素質馬。スムーズな競馬ができるようなら巻き返していい。

 幸い、この中間は順調そのもの。上がり重点に追い切られた1週前の追い切りの動きも文句なしだった。

「当該週は軽くやれば十分。さらに力をつけてきた印象で、あとは自分の競馬ができればと思っている」とは、尾関調教師。

 力を出せる好仕上がりにあるのなら、改めて持てる力に期待してみたい。

 逃げてもいいが、スムーズなら抑えて、しまいを生かす競馬もできる馬。器用さもあり、小回り福島の芝1800メートルの舞台は間違いなく合っている(芝1800メートルは2戦2勝)。ハンデは恐らく53~54キロ。チャンスは十分あるとみた。

 穴中の穴は、ホウオウノーサイドだ。母は短距離で活躍した馬で、距離が長いと見られて当然。陣営もそのへんを認めており、控えめだ。が、状態は確実によくなっている。

 前走(1勝クラス1着)は追いだしての伸びが実によく、上手に折り合えれば、小回りの福島だけに距離を克服してくれるのではないだろうか。

 オーストラリア、ニュージーランドで大活躍した歴史的名馬ボーザムが近親にいる血脈。軽ハンデ(51~52キロ)を生かしての一発があっても不思議はない。

 さあ、飯坂の名湯で至福のひとときを──。

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    今永昇太「メジャー30球団でトップ」快投続きで新人王どころか「歴史的快挙」の現実味

    カブス・今永昇太が今季、歴史的快挙を成し遂げるのかもしれないと、話題になり始めている。今永は現地5月1日のメッツ戦(シティ・フィールド)に先発登板し、7回3安打7奪三振の快投。開幕から無傷の5連勝を飾った。防御率は0.78となり、試合終了時…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
好きなところに変化球!ドジャース・山本由伸に大谷翔平が教えた「寝る時間」の極意
2
本州で2番目の長距離路線バスが廃止に!太川陽介「バス旅」番組を襲う「打ち切り」危機
3
タイ移住で飲食店を開いたら現地の日本人に「とんでもない嫌がらせ」をされて帰国するハメに
4
氷川きよし「暴行セクハラと恐喝」ドロ沼大騒動の決着点/壮絶「芸能スキャンダル会見」秘史
5
サッカー元日本代表FWを拒絶した「鹿島アントラーズ」スカウトの見る目のなさ