女子アナ

凡ミス連発に局の要請を無視…女子アナが「クビ」になる様々な裏事情

 7月は民放テレビ各局で大きな人事異動が例年行われるが、中でも注目度が高いのは、アナウンサーの異動だろう。在京テレビ局関係者が言う。

「年齢、社内派閥争いなど様々な理由で、アナウンサーが異動することが近年増えてきましたね。今年もTBS、フジテレビなどで、著名アナウンサーが他部署へ異動することがニュースになったり、担当番組内で発表されることが話題になったり」

 しかしながら、異動理由はほかにもたくさんある。地方テレビ局幹部が明かすには、

「20代後半になる、とある女子アナの場合は、入社当初から情報番組のアシスタントやMCに就きたいアピールが凄まじかった。周りのスタッフも期待するから『それなら一度やらせてみよう』となったものの、まるで仕事ができずに凡ミスを連発。しまいにはプロデューサーの怒りを買って、番組を外されました。それでも本人は報道の定時ニュースや泊まり勤務を率先してやっていたのですが、努力実らず、アナウンサーを『クビ』になった」

 別の放送局では「暴走女子アナ」が外された。前出の在京テレビ局関係者が、こんなケースを紹介する。

「中途採用で入社し、周りからは期待を寄せられていた。ちょうどその頃、バラエティー担当のアナウンサーが不足しており、会社としてはそちらをフォローしてほしいとやんわり伝えていたのですが、『報道をやりたい』と頑なに拒否。結局、出演するのはラジオ番組ばかりになり、本人は任意の研究機関を勝手に立ち上げるなど、やりたい放題。見かねた上司の勧告もスルーすると今回、編成に飛ばされた。上司は『二度とアナウンサーには戻さない』と怒っている」

 個性の豊かさが売りであるアナウンサーだが、サラリーマンであることを忘れてはならないのだ。

カテゴリー: 女子アナ   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    飲み続けていたら夜もイキイキしてきた!?口コミで話題の「活力アミノ酸(R)DX」とは?

    Sponsored
    213053

    コロナ禍という長いトンネルも徐々に出口が見え、昨今は人々の社会活動も活発的になってきた。連休は「久々にゴルフに出かけた」「家族サービスで国内旅行をした」といったパパ世代の諸兄も多いのではないだろうか。在宅勤務から勤務へ徐々に回帰する企業も増…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    テストコアNO3が若者から評判なワケは?理由と口コミ調査

    Sponsored
    184479

    男性の性の悩みといえば、中高年世代のイメージが強い。ところが今、若者の半数近くが夜のパフォーマンスに悩みを抱えている。ヘルスケアメディアの調査(※1)によって、10代から30代の44.7%が「下半身」に悩みを抱えているという衝撃の実態が明ら…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
広島カープ「次の監督決定」秒読み!「アライさん」を支える「名参謀」入閣情報
2
加藤綾子「活動休止」で蘇る…女子アナ生活14年を彩った「男7人」との「本当の関係」
3
川島なお美「前貼りなし」で挑んだ古谷一行とのベッドシーン「入っていた」伝説
4
広島カープOBが佐々岡監督Bクラス辞任を「バッティングセンター状態だった」酷評
5
激ヤバ!「チケットが売れない」オズワルドの大ピンチは伊藤が蛙亭イワクラと交際したから