芸能

黒木華が早くも“主演女優食い”と恐れられるワケ

 今年、最も注目を集めている若手女優といえば、なんといっても黒木華(はる)だろう。「舟を編む」「草原の椅子」で、日本アカデミー賞新人俳優賞やブルーリボン新人賞を受賞し、ベルリン国際映画祭では、名匠山田洋次監督作品「小さいおうち」で、なんと最優秀女優賞(銀熊賞)を受賞。これは日本人女優最年少にして、四人目の快挙となった。ところが、これが大きな波紋を呼んでいるという。

「『小さいおうち』の主演は、松たか子。彼女を差し置いて銀熊賞を受賞したことで、ふたりの関係が悪化し、共演NGのブッキングリストに載っているとの噂もあります」(週刊誌記者)

 しかも黒木は、松が独立するまで所属していた事務所の後輩で、黒木は松に憧れて女優の道を志したというから皮肉なものである。

「映画の撮影中、黒木の演技相談にも松はのっていましたから、キャリアに勝る松は口が裂けても『なんで私が銀熊賞じゃないの?』とはいえない。先輩後輩の絆で結ばれていた二人が、今や一触即発の間柄と言われています」(前出・週刊誌記者)

 しかもこの波紋は、国民的な番組、NHKの朝ドラにも及んでいる。

「黒木は、4月から始まった『花子とアン』で主演の吉高由里子の妹役を演じていますが、『小さいおうち』で銀熊賞を獲って以来、黒木の出演シーンが急増。吉高はイライラを募らせ、周囲のスタッフもピリピリしているんです」(番組関係者)

 古き良き日本女性を演じ、銀熊賞を受賞した黒木華だが、芸能界では早くも“主演女優食いの黒木”と呼ばれているとか。末恐ろしい大物女優が登場したものだ。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , , , , , , , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    伊藤沙莉、「バストトップ出し&アエギ声」映画用にボイス訓練の“躍進女優力”

    161972

    若手女優きってのバイプレイヤー伊藤沙莉(26)の大躍進が止まらない。どこか親近感を持てるルックスと独特のハスキーボイスを携えて映画に引っ張りだこだというのだ。「主演の伊藤健太郎のひき逃げのためにお蔵入りになりかけた11月6日公開の『十二単衣…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , , |

    多部未華子、「行列のできる法律相談所」で見せた“顔の進化”に視聴者騒然!

    132223

    8月24日から25日にかけ放送された「24時間テレビ」(日本テレビ系)は、平均視聴率16.5%で歴代13位の好成績を記録。駅伝マラソンでの、いとうあさこのラストスパートのシーンでは瞬間最高視聴率39.0%と驚異的な数字をとり、そのまま後番組…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , |

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
日テレ水卜麻美、「スッキリ」卒業で色白Eバスト求め視聴者も「ZIP!」大移動!?
2
桑田真澄、クロマティが明かしていた巨人に15年間も呼ばれなかった理由
3
王監督を激怒させたホークス“大乱闘”の内幕
4
太川陽介「バス旅」パートナーの意外過ぎる人選と懸念ポイント
5
菅野美穂、「ウチの娘は、彼氏が出来ない!!」に続々不評の「イタいポイント」