芸能

追悼・蟹江敬三さん 個性派俳優が魅せた狂気の演技(2)現代の恐怖を体現する役者だった

20140424q

 映画評論家の白井佳夫氏が解説する。

「蟹江敬三は、その昔『アートシアター新宿文化』という映画館で、蜷川幸雄演出の演劇に主演していた。当時は『蟹江が舞台に立つと妖気が生ずる』と言われ、それを見て、あの蟹江という役者は何だと衝撃を受けた多くの演出家や監督が、次から次へと蟹江を使いたがった。ロマンポルノなど絡みを大胆に描く映画、特に強姦犯など性犯罪者を演じさせると、とんでもない不気味さで、いきなり人を刺してしまうような現代の恐怖を体現できる数少ない役者だった」

 蟹江の唯一無二の演技は、特撮モノでも本領をいかんなく発揮する。封印映像に詳しいライターの天野ミチヒロ氏が言う。

「中でも『ウルトラマンA』での牛にたたられるカウラ役や、『ウルトラマンレオ』での星人ブニョ役でレオをバラバラにしてしまう怪演は、強烈なインパクトを残していますね」

 そして、還暦を過ぎた蟹江は、初めて映画「MAZE~南風」(アルゴ・ピクチャーズ)で主演を務めた。監督の岡田圭氏が振り返る。

「出演をオファーすると『主演は初めて』だという返事だったので、あれだけの世界観を持っている役者なのに今まで主演していないのかと驚いたくらい。映画は高知の漁港で撮影しましたが、実直な役者さんで、『龍馬伝』でも見せたように土佐弁は方言指導など必要のない完璧な仕事ぶりでした。撮影が押して深夜の出番待ちになった時、蟹江さんはおもむろに立ち上がって体操を始めるんです。周囲のスタッフは『蟹江体操が始まった』って、マネをして体をほぐしたのを覚えています」

 現場では周囲への気遣いを欠かさなかったという蟹江。昨年12月に収録されたドラマ「おとり捜査官・北見志穂18」(テレビ朝日)が、役者としての最後の演技となった。岡田監督が残念な思いを語る。

「5月に撮影する新作映画でも、漁師役で出演を快諾していただいていたんですが、体調を崩されてしまった。それでも今年1月には体調が持ち直されたということで、ナレーションでも参加したいというありがたい言葉をいただいていたのですが‥‥」

 昭和のにおいのする名優が、また一人この世を去った。合掌。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    伊藤沙莉、「バストトップ出し&アエギ声」映画用にボイス訓練の“躍進女優力”

    161972

    若手女優きってのバイプレイヤー伊藤沙莉(26)の大躍進が止まらない。どこか親近感を持てるルックスと独特のハスキーボイスを携えて映画に引っ張りだこだというのだ。「主演の伊藤健太郎のひき逃げのためにお蔵入りになりかけた11月6日公開の『十二単衣…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , , |

    多部未華子、「行列のできる法律相談所」で見せた“顔の進化”に視聴者騒然!

    132223

    8月24日から25日にかけ放送された「24時間テレビ」(日本テレビ系)は、平均視聴率16.5%で歴代13位の好成績を記録。駅伝マラソンでの、いとうあさこのラストスパートのシーンでは瞬間最高視聴率39.0%と驚異的な数字をとり、そのまま後番組…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , |

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
土田晃之、「バイキング」の進行を止めてまで固執した“大失笑”発言とは?
2
「パラサイト」地上波放送、夫婦の「胸の突起コリコリ」シーンにお茶の間が激怒!
3
千原ジュニア、旅番組「地元の人との会話」で“口にできない悪印象”が判明!?
4
桐谷美玲、「バスト巨大化」噂は本当だった!?“豊かすぎバストライン”に騒然
5
ツッコミに激怒した?霜降り明星・粗品、新春生放送でベテラン芸人と一触即発!