芸能

檀れいが「そんなんじゃない!」ダメ出しを食らった木村拓哉との「絡みシーン」

 宝塚歌劇団出身の女優・檀れいが、8月16日放送の「ごぶごぶ」(MBSテレビ)にゲスト出演。舞台と映画の「演技の違い」に戸惑ったエピソードを明かした。

 この日は、兵庫県・宝塚市にある阪急逆瀬川駅からロケがスタート。8年ぶりの宝塚という檀は、宝塚歌劇団在籍時、10年以上宝塚に住んでいたものの、寮と劇場の往復ばかりで「ほとんど宝塚を知らない」とか。そこで今回は、MCのダウンタウン・浜田雅功とともに思い出の地を巡りながら、檀も知らない新たな宝塚を巡った。

 バスでの移動中、「宝塚から芸能界に入って一番驚いたことは?」と聞かれ、「映像のお仕事を中心にやらせていただいてるんですけど、最初の頃はどこまで相手役の方にもたれかかっていいのかなというのがありました」と檀。浜田に「それは気持ちが、ということですか?」と聞かれると、「体重をどこまでかけていいのかなという…」と答え、浜田は「体重を…?」と不思議がった。

「壇によると、宝塚ではしなだれかかるシーンでも、女性同士ということもあり、娘役は自分の体も支えつつ相手役にもたれたかかったという。しかし、初めて出演した映画『武士の一分』では、病気で寝ている夫役の木村拓哉の上に伏せる場面で自分では全体重を乗せているつもりだったものの、山田洋次監督が『ダメ。違う!そんなんじゃない!』と何度もダメ出し。『もっと体重かけて!』と体を押されたのだそうです」(テレビウオッチャー)

「私の腹筋が頑張ってるのか、背筋が頑張ってるのか。自分の中では体重をかけているつもりなのにそう見えない」とも回想していた檀。「武士の一分」は2005年に宝塚を退団後、翌年の作品だっただけに慣れない部分もあったのだろうが、今や多数の映画やドラマに出演するベテラン女優の印象が強いだけに意外な話だ。

(鈴木十朗)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    飲み続けていたら夜もイキイキしてきた!?口コミで話題の「活力アミノ酸(R)DX」とは?

    Sponsored
    213053

    コロナ禍という長いトンネルも徐々に出口が見え、昨今は人々の社会活動も活発的になってきた。連休は「久々にゴルフに出かけた」「家族サービスで国内旅行をした」といったパパ世代の諸兄も多いのではないだろうか。在宅勤務から勤務へ徐々に回帰する企業も増…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    テストコアNO3が若者から評判なワケは?理由と口コミ調査

    Sponsored
    184479

    男性の性の悩みといえば、中高年世代のイメージが強い。ところが今、若者の半数近くが夜のパフォーマンスに悩みを抱えている。ヘルスケアメディアの調査(※1)によって、10代から30代の44.7%が「下半身」に悩みを抱えているという衝撃の実態が明ら…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
「なんちゅう格好してんだ!」三浦瑠麗が見せ続けた「朝まで生バスト」歓喜の渓谷美
2
川島なお美「前貼りなし」で挑んだ古谷一行とのベッドシーン「入っていた」伝説
3
香川照之と長谷川博己が一触即発?「小さな巨人」現場が険悪ムードなワケ
4
「別の理由があった」今でも銀座で囁かれる香川照之「性加害事件の深い闇」
5
「バスト透けすぎ!」三浦瑠麗が公開した「国葬参列の喪服写真」があんまりスゴイので…