芸能

「体育の授業が嫌で…」Gカップグラドルが告白!男子生徒が大興奮した「爆揺れバスト持久走」

 8月17日の「週プレNEWS」が、グラドル・菊地姫奈のインタビューを掲載した。その中で、彼女が自身の胸のコンプレックスを明かしたことが、大きな話題を集めている。

「菊地は20年に名門ミスコン『ミスマガジン2020』にエントリーすると、当時15歳ながら、『水着からハミ出す圧巻のバストが素晴らしい』とネットで大反響となりました。ただ、今回菊地がインタビューに答えたところによると、芸能界に入るまではずっと、推定F~Gカップと言われる胸の大きさがコンプレックスだったといいます。しかし、コンテストに挑むタイミングで、『芸能界だし、思い切ってやらないと生き残れない』と考えを切り替え、水着になることを決断したそうです」(芸能記者)

 菊地は同ミスコンの「ミス週刊少年マガジン」を受賞。その後は、雑誌や写真集などで惜しげもなく大胆な水着グラビアを披露している。そんな中、今回明かされた学生時代のエピソードによって注目度をさらに高めたようだ。

「インタビューで胸の話題になると菊地は、『体育の授業が嫌で…』と、過去の学校生活を振り返りました。彼女によれば、授業で往復持久走のシャトルランをやる際、菊地の揺れるバストを一目見ようと、大勢の男子が集まってくるのだとか。そんな時、菊地は『キモ! 絶対に見せないからね!』と走るのをやめたとか。彼女が自身のバストについて語るのは珍しいため、ファンの間では、『これはめちゃくちゃ興奮するエピソード』『俺が同級生だったら死ぬほどシコる!』などと反響を呼ぶことに。さらに、菊地の『絶対に見せないからね!』という言葉が火を付けたようで、『逆にじっくり見たくなった!』と、YouTubeにアクセスするユーザーが続出しています」(前出・芸能記者)

 中川翔子や倉科カナなど、美バスト芸能人を多数輩出している「ミスマガジン」。菊地もその圧巻のボディでさらにファンを魅了して欲しいものだ。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    まだそんなに料金払ってるの? 今さら聞けない光回線カンタン乗り換え術

    Sponsored
    231550

    「も~、うちのネット回線ってマジ遅いんだけど?ホントに光なの?」今年、大学受験を控える娘がプリプリした態度で怒鳴り込んできた。自室で受講していたオンライン塾の画面がフリーズしたという。M氏(51歳)は、妻と共働きで、高3の娘、中学2年になる…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    テストコアNO3が若者から評判なワケは?理由と口コミ調査

    Sponsored
    184479

    男性の性の悩みといえば、中高年世代のイメージが強い。ところが今、若者の半数近くが夜のパフォーマンスに悩みを抱えている。ヘルスケアメディアの調査(※1)によって、10代から30代の44.7%が「下半身」に悩みを抱えているという衝撃の実態が明ら…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
鎌田がキレて久保は欠場…W杯サッカー日本代表に起きている「異変」
2
明石家さんま「日本サッカー界の恩人」がW杯特番に呼ばれなくなったワケ
3
サッカー柴崎岳の妻・真野恵里菜「撮影自粛願い」が招いた「オウンゴールな評判」
4
体調悪化の渡辺徹を強引に引っ張り出した秋田大学の「致命的ミス」
5
元阪神・糸井嘉男がラジオ生放送で「不適切発言」のアタフタ現場