芸能

異端発掘!ニッポン「ロック革命的名盤」/石川県小松市発「めんたんぴん」のグレイトフル・デッド的魂

 70年代、日本のロックバンドが活動できる場所は東京や横浜、大阪、京都といった大都市に限定されていたため、地方のバンドは「上京」を余儀なくされていた。

 そんな中、石川県小松市をホームグラウンドに、当時としては珍しいツインギター、ツインドラムという編成で、泥臭いワイルドなサザン・ロックを演奏し「日本のグレイトフル・デッド」と呼ばれていたのが「めんたんぴん」だった。

 佐々木忠平(vo)、飛田一男(g)を中心に、72年に結成。前身の「めんたんぴんブルースバンド」時代には、クリームの楽曲などを中心に演奏。その後、ローリング・ストーンズのナンバーを演奏するようになる。

 そして74年、アメリカ西海岸でグレイトフル・デッドの演奏に触発された佐々木により、アメリカ西海岸から南部に根差す、アーシーで骨太なアメリカン・ロック・サウンドに傾倒。さらに、デッドのファミリー的な「ロック・コミュニティー思想」に影響を受けた彼らは、自身がイベンターとなり、地元に各地のバンドを呼び入れて開催する「夕焼け祭り」(70年代には6回開催)を企画するなど、リスナーとの関係に特別なこだわりを持つようになる。

 そんなこともあり、まだ楽器車など珍しい時代に「めんたんぴん号」で日本全国のライブハウスを回り、多い時には月25本ものステージをこなしていたというから驚く。

 そんなロード&ライブ・バンドのセカンドアルバムにして最高傑作とされるのが「Mentanpin Second」である。コンサートツアーの合間に4日間で録音したことで、逆にライブの躍動感がそのまま生きている。

 A面1曲目、のっけから迫ってくるのが、飛田と池田洋一郎との、ジェリー・ガルシア&ボブ・ウィアばりのファンキーなツインギター・バトル。サンフランシスコと小松という2都市への心情を歌い込む、佐々木のヴォーカルは秀逸だ。

 続く「夕焼け祭り」「国道8号線」は、彼らが関わった同名の野外イベントがテーマの、軽快なナンバーだ。

 B面はスライド・ギターが冴える「さいやんなぁー」(最低だな、の意味)で始まり、ゲスト参加した佐藤博(元ティン・パン・アレイ)のエレピがいい仕事をする、スロー・ブルースの「帰り道」。さらに、アシッドなプレイが印象的な「ロスト・プラネット・ミュージック」と続き、アルバムの最後を飾るのが、軽快なロックンロールナンバー「山を越え谷を越え」。

 基本的にはファーストアルバム「Mentanpin」の平行線上にあるものの、キレのいいギターと重心の低いリズムには磨きがかかり、よりデッド色が強調されているようだ。

 めんたんぴんはその後、武道館でステイタス・クオー、バックマン・ターナー・オーバードライブと共演。怒涛のインタープレイの応酬が、ファンを熱狂させたものである。

(山川敦司)

1962年生まれ。テレビ制作会社を経て「女性自身」記者に。その後「週刊女性」「女性セブン」記者を経てフリーランスに。芸能、事件、皇室等、これまで8000以上の記者会見を取材した。「東方神起の涙」「ユノの流儀」(共にイースト・プレス)「幸せのきずな」(リーブル出版)ほか、著書多数。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    塩試合を打ち砕いた!大谷の〝打った瞬間〟スーパー3ランにMLBオールスターが感謝

    日本時間の7月17日、MLBオールスター「ア・リーグ×ナ・リーグ」(グローブライフフィールド)は淡々と試合が進んでいた。NHK総合での生中継、その解説者で元MLBプレーヤーの長谷川滋利氏が「みんな早打ちですね」と、少しガッカリしているかのよ…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , , |

    新井貴浩監督が絶賛!劇画のような広島カープ野球の応援歌は「走れリュウタロー」

    プロ野球12球団にはそれぞれ、ファンに親しまれるチームカラーがある。今季の広島カープのチームカラーを象徴するシーンが7月初旬、立て続けに2つあった。まずは7月4日の阪神戦だ。3-3で迎えた8回裏、カープの攻撃。この試合前までカープは3連敗で…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , , |

注目キーワード

人気記事

1
伊達綱宗に5億円を要求!身請けされても指1本触れさせず斬殺された「悲劇のトップ花魁」
2
38歳で完全に浜崎あゆみ路線!AAA宇野実彩子の過激化に賛否勃発も「一度露出したら止められない」
3
撤退バイデン「老害批判」のトランプに「当選すればお前こそ老いぼれ大統領」最高齢記録更新の大ブーメラン
4
【ヤバイぞコロナ】5類移行後の「最大波」が襲来!過去の免疫をいとも簡単にすり抜ける「新変異株」の正体
5
「巨人軍は冷たい。それは今も感じている」西本聖が嘆いた現役時代の「仕打ち」