芸能

陣内孝則「超高速バンド」は千葉の寺院で録音した/日本音楽シーン「名作裏面史」

「『リズムはタイトに!ゼイ肉を落として!ガーン!!ちゅうげな…これがロックたい!』という鮎川さんの言葉が今も頭に残っています。完全無欠、唯一無二のロック人生だったと思います」

 シーナ&ロケッツのギタリスト・鮎川誠さんの訃報を受け、交流が深かった同郷の後輩である陣内孝則は、こんな言葉で死を悼んだ。

 80年代、博多を中心に一大ムーブメントを巻き起こした「めんたいロック」。それを牽引してきたのが、シーナ&ロケッツをはじめ、石橋凌在籍のARB、ザ・モッズ、ザ・ルースターズ、そして、陣内率いるザ・ロッカーズだった。

 バンド結成は76年。当初はラモーンズやニューヨーク・ドールズなどの曲を演奏するコピーバンドだったが、革ジャンに革パンといった男臭い硬派バンドが台頭する中、デビッド・ボウイを彷彿させるメイクに、ド派手なスーツとマイクパフォーマンスで、女性ファンを中心に人気は高まった。

 79年に福岡で開催されたコンテストでの優勝をきっかけに、翌80年9月にアルバム「WHO TH eROCKERS」でデビューすることになる。

 ライブで培った経験は、ダテではなかった。この1stアルバムは、千葉の観福寺に録音機材を持ち込み、わずか3時間でレコーディングされたテイク集。メンバーたちは、ヨーロッパにある古城の地下室をイメージしていたらしいのだが、予算の都合もあり急遽、千葉県の寺院がチョイスされたというから面白い。

 とはいえ、音は60年代のド直球なブリティッシュ・ビート。LPの帯には「このスピードについてこれるか!」という挑発的キャッチコピーが添えられており、まくしたてるような陣内のボーカルと、スピード感あふれる激しいビートが展開される。息つくヒマもない高速ノンストップ35分が清々しい。

 ザ・ロッカーズは約3年という短い活動期間を経て、82年6月に青山タワーホールでのライブを最後に解散。その後、陣内は俳優の道へと進むことになるが、19年4月には、実に38年ぶりの新録オリジナル・アルバム「Rock’n Roll」をリリース。めんたいロックの本拠地・博多の香りがプンプン漂う、シンプルな音を堪能してみてはいかがだろうか。

(山川敦司)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    今永昇太「メジャー30球団でトップ」快投続きで新人王どころか「歴史的快挙」の現実味

    カブス・今永昇太が今季、歴史的快挙を成し遂げるのかもしれないと、話題になり始めている。今永は現地5月1日のメッツ戦(シティ・フィールド)に先発登板し、7回3安打7奪三振の快投。開幕から無傷の5連勝を飾った。防御率は0.78となり、試合終了時…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
サイ・ヤング賞候補なのに先発投手ランキングから消える…カブス・今永昇太「防御率0点台」に立ちはだかる「問題」
2
「矢野はなんちゅうことをしてくれたんや」阪神OBが嘆く佐藤輝明の「致命的な初期育成ミス」
3
楽天・西武・中日…3弱チームの共通点は「PL学園出身監督」高すぎるプライドに江本孟紀ダメ出し
4
「長嶋監督、怒ってなかった?」高橋由伸が耳を疑った巨人・阿部慎之助監督の「のん気発言」
5
北京五輪「世紀のエラー」G.G.佐藤に野村克也が贈った死の10日前の金言「お前の勝ちだ」