芸能

シーナ&ロケッツ鮎川誠「ロック葬」が直前ドタキャンの「ひどい言い分」

 1月29日にすい臓ガンのため急死した、シーナ&ロケッツのギタリスト、鮎川誠さん。その葬儀を巡り、長女で画家の鮎川陽子氏が1月31日、ツイッターを更新。葬儀を予定していた寺から突然、ドタキャンを告げられて困惑しているというのだ。

 陽子氏は、葬儀予定の2月4日まで3日しかない中で「ドタキャンされました」と打ち明けた。キャンセルした理由として「報道されすぎていて不安になった、というのが理由だそうです。そんなのって、ひどくないですか。ロック葬、お父さんのお葬式を立派にあげたいよ!」と憤慨している。

「ロック葬というのは、主にロックミュージシャンが亡くなった場合の、故人が生前に作った音楽を流しながら執り行う葬儀の形。鮎川さんの場合、やはりシーナ&ロケッツの代表曲を流しながら見送る形にしたいのでは。ところが、葬儀を行う予定だったお寺は都内の住宅地にあるため、報道陣やファンが押しかけると近隣住民に迷惑がかかる。そこで、寺側が葬儀をためらったのだと思われます」(音楽関係者)

 とはいえ、悲しみに暮れる遺族にとって、式の3日前にキャンセルされるというのは心理的にも負担が大きい。陽子氏の憤りはもっともだ。

「ただ、お寺での葬儀となると、格式を重んじたものになることが常で、音楽をかけるなどの演出は難しいことが多い。ロック葬を希望するなら、最初から民営の葬儀場で行うという選択肢もあったのではと思います」(前出・音楽関係者)

 なお、陽子氏はその後「葬儀会社の人が頑張って探してくれてて、会場はなんとかなりそう」とツイート。ロック葬は場所を変えて無事に行えそうだ。

(石見剣)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    今永昇太「メジャー30球団でトップ」快投続きで新人王どころか「歴史的快挙」の現実味

    カブス・今永昇太が今季、歴史的快挙を成し遂げるのかもしれないと、話題になり始めている。今永は現地5月1日のメッツ戦(シティ・フィールド)に先発登板し、7回3安打7奪三振の快投。開幕から無傷の5連勝を飾った。防御率は0.78となり、試合終了時…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
しれっと復帰の三浦瑠麗さん、「6.21地上波テレビ出演」の渡部建に「鋼のメンタル」を与えてやって!
2
日本代表GKが明かした「静岡名物監督」の激ヤバ破天荒「負けたら選手を罵倒した」
3
メッシ出場「コパ・アメリカ2024」よ、お前もか!アマプラ生中継に「なぜ?」の不満が噴出したわけ
4
リーグ戦再開でも騒がしい「しんどいから今年で退任」阪神・岡田彰布監督の取り扱い問題
5
鉄道ファン騒然「青春18きっぷ」夏用の販売中止を裏付ける「決定的証拠」が出た!