芸能

芸能界「THE 因縁バトル」〈女性タレント編〉広瀬すず×土屋太鳳との間に微妙な空気が…

 文字どおり、芸能界の華である美貌女性タレント。それだけに、女同士のガチンコバトルは、誰にも止められないようだ。

 今現在、業界内でこの2人を共演させることは、まさにタブーとされている。土屋太鳳(27)と広瀬すず(24)の抜き差しならない関係について、ベテランの芸能記者が明かす。

「共演NGにはいろいろな理由があるけど、土屋と広瀬の場合は、ザックリと2つの理由がある。1つは仕事上の特性。もう1つはプライベートでの因縁です」

 もともと同じCMシリーズに出演するなど、2人の仲は一見、良好そうに見えるのだが‥‥。

「まず、仕事上でいうとこのキャラが見事に被っている。具体的に言えば、清純派風でCMウケがいいところ。さらにファッション誌の専属モデルから女優へ、というコースも一緒で、先輩の土屋にしてみれば、自分のあとを追われているような立場になる。一方の広瀬サイドにしてみても、同じような女優枠に2人のエースは必要ない、と。それだけに制作サイドからすれば、扱いの難しい関係であることは間違いない」

 確かに土屋、広瀬ともにドラマや映画と女優業に力を入れており、双方のキャラが被るとなれば、意識するなと言うほうが無理か。

「スタッフがデリケートになる状況は他にもあります。人気俳優の山崎賢人(27)を巡っての人間関係です。1カ月ほど前、広瀬と山崎が熱愛中と週刊誌が報じましたが、山崎といえば土屋の元カレと噂される人物。実際問題、土屋や広瀬がどう思っているかはわかりませんが、少なくとも2人の周囲は、かなり敏感になっています」(芸能記者)

 こうしたキャラ被りは若手だけのタブーではなく、大物たちにも存在する。芸能記者が続ける。

篠原涼子(49)と仲間由紀恵(42)も共演は難しいですね。1つはクールビューティーで知性的な役柄が十八番というキャラクターの被り。ドラマや映画はもちろん、バラエティーでも共演はさせづらい。もう1つは『東京パフォーマンスドール』という同じアイドルグループ出身という因縁。先輩で人気もあった篠原は問題ないけど、アイドルとしては芽が出なかった仲間にとっては黒歴史になっている。今でも仲間のインタビューでは、アイドル時代の話はご法度です」

 続いては、ベテラン演技派女優たちの熱い戦いを見てみよう。芸能文化評論家の肥留間正明氏によれば、

「“演技派”を自負している役者というのは当然ながら、自らの演技に強いこだわりがある。それを他にも求めるとなると、いささか面倒くさい話になる。そういった面倒くさい部類に入るのが上野樹里(36)。かつてNHKの大河ドラマ『江~姫たちの戦国~』で主役を務めた時、演技派の彼女としては『こういう演技がしたい』という希望があった。で、そのことがベテランたちにも漏れ伝わってしまう。共演していた宮沢りえ(49)が態度に出したかどうかはともかく、現場でいい気分じゃなかったのは確かでしょう」

 言ってみれば、当人はまったく意識していない、むしろ仕事熱心ゆえの「我」がバトル勃発の導火線となっていたわけだ。

「上野が長澤まさみ(35)とドラマで共演した時も同じような話が伝わってきました。ただ上野は昨秋、こうした“不仲説”をSNSなどで一蹴している」(肥留間氏)

 要するに周囲のスタッフたちが“忖度NG”を出しているということか。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    今永昇太「メジャー30球団でトップ」快投続きで新人王どころか「歴史的快挙」の現実味

    カブス・今永昇太が今季、歴史的快挙を成し遂げるのかもしれないと、話題になり始めている。今永は現地5月1日のメッツ戦(シティ・フィールド)に先発登板し、7回3安打7奪三振の快投。開幕から無傷の5連勝を飾った。防御率は0.78となり、試合終了時…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
松本人志の居ぬ間に中山秀征…芸人たちが「実はスゴイ人」異常な絶賛の「あぁ不思議」
2
【雨予報のGI宝塚記念】ドウデュースは大敗!重馬場で急浮上する「この3頭」のウハウハ適性
3
「青春18きっぷ」夏季用がようやく発売でも消えない「冬季販売中止」の不穏な背景
4
「山口組のキッシンジャー」が体現した哲学! ヤクザの「平和共存」は方便などではなかった
5
元楽天・安楽智大が来季「日本球界に逆輸入される」メキシカンリーグでの「標高2200メートル投球」