社会

医者のはなしがよくわかる“診察室のツボ”<敗血症>進行すると多臓器不全で重篤な状態に!

 元広島カープのエース・北別府学氏が「敗血症」と診断され療養中だ。元プロレスラーの鶴見五郎氏(22年死去)、作曲家のすぎやまこういち氏(21年死去)や、韓流スターのペ・ヨンジュンもかつてこの病気を患っていた。

「敗血症」は、何らかの細菌やウイルスに感染することによって、全身に炎症が広がり、心臓や肺などの臓器に重篤な障害が起きる状態を指す。原因となる主な細菌は、ブドウ球菌、大腸菌、連鎖球菌などであり、多くは肺炎、尿路感染症、皮膚や腸管の感染症などから発生する。特に65歳以上での罹患率が高いことから、「高齢者の疾患」とも言われている。

 初期症状は、悪寒、38度以上の発熱、下痢や嘔吐、頭痛、咳などが見られる。進行すると、心拍数の上昇や呼吸数の増加、血圧低下、意識低下などが生じ、さらに悪化すると、呼吸不全、腎不全、肝不全などの多臓器障害症候群を併発する危険もある。

 特に重篤な症状が「敗血症性ショック」だ。発症すると、全身のさまざまな臓器の機能が低下して、生命を脅かす低血圧を生じてしまう。早急に適切な治療を行わなければ命を落とすケースも少なくない。

 初期症状などから敗血症が疑われたら総合病院の感染症内科や救急科で細菌検査、血液検査、胸部エックス線や全身CTなどの画像検査を行い診断される。治療としては、原因となっている感染症の原因療法が行われる。細菌の場合は抗菌薬、ウイルスの場合は抗ウイルス薬など速やかに病原体に適した薬を投与することが大切だ。また、血圧維持のためには十分な輸液はもちろん、血管収縮薬の投与も有効とされている。

 予防法は感染症にかからないことが最も重要だ。日頃からの手洗いや手指消毒、マスク着用などの基本的な感染対策をしっかり行いたい。

田幸和歌子(たこう・わかこ):医療ライター、1973年、長野県生まれ。出版社、広告制作会社を経てフリーに。夕刊フジなどで健康・医療関係の取材・執筆を行うほか、エンタメ系記事の執筆も多数。主な著書に「大切なことはみんな朝ドラが教えてくれた」(太田出版)など。

カテゴリー: 社会   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    飲み続けていたら夜もイキイキしてきた!?口コミで話題の「活力アミノ酸(R)DX」とは?

    Sponsored
    213053

    コロナ禍という長いトンネルも徐々に出口が見え、昨今は人々の社会活動も活発的になってきた。連休は「久々にゴルフに出かけた」「家族サービスで国内旅行をした」といったパパ世代の諸兄も多いのではないだろうか。在宅勤務から勤務へ徐々に回帰する企業も増…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    テストコアNO3が若者から評判なワケは?理由と口コミ調査

    Sponsored
    184479

    男性の性の悩みといえば、中高年世代のイメージが強い。ところが今、若者の半数近くが夜のパフォーマンスに悩みを抱えている。ヘルスケアメディアの調査(※1)によって、10代から30代の44.7%が「下半身」に悩みを抱えているという衝撃の実態が明ら…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
柴咲コウ&吉高由里子に惨敗!「荷が重すぎた」新木優子の「ガリレオ」演技
2
中国ファンドVS令和の相場師…日本企業「乗っ取り」攻防戦が過激化する
3
川島なお美「前貼りなし」で挑んだ古谷一行とのベッドシーン「入っていた」伝説
4
巨人・坂本勇人「伝統の一戦」がヤジの応酬になった阪神・西勇輝との「ゲス比べ」
5
「やめてーー!」足立梨花が「正面・バック・女性上位」ハメ映像漏洩に大絶叫