芸能

古舘伊知郎が巨人・坂本勇人に「いけしゃあしゃあと試合に出て腹が立つ」激烈コキ下ろし

「ちゃんと(試合に)出て、ヒットをガンガン打ってたじゃん。そこは腹立つんだよ。感情論が入っちゃうけど、『しっかり打ったんだからいいじゃん』って言うかもしれないけど」

 強い口調でこう言い放つのは、古舘伊知郎だ。9月10日に「文春オンライン」で報じられた巨人・坂本勇人の女性トラブルについて9月13日に、自身のYouTubeチャンネル〈古舘伊知郎チャンネル〉で厳しく断罪したのである。

 報道によれば、遡ること2年、坂本は20代女性にゴムをつけずにたびたび性交渉に及び、あげく妊娠した女性に中絶を強要。女性はショックから自死未遂に至ったというのだ。

 坂本は報道のあった10日の中日戦では3打数1安打で、チームは敗戦。翌11日の広島戦では4打数3安打1打点の猛打賞で、勝利に貢献している。野球で活躍することが罪滅ぼしにつながる、といった風潮もはあるにはあるが、

「オレの偏った見方はそうじゃないんだよ。やっぱりね、本当に女の人に悪いことをした…どういう職業であろうが、自分がトップであろうがなかろうが、1人の人間として、相手と合意の上を越えたところで傷つけてしまったってなったら、とてもじゃないけど、いけしゃあしゃあと出て、立派なヒットなんか打てないですよ。猛打賞なんか取れないですよ。アレはアレ、コレはコレで集中した方がいいよねって思える段階で、集中力を越えて油断力ですよ」

「人間失格」の烙印を押された坂本の心に、古舘の苦言は響くのか。球界OBは厳しい表情でこう話す。

「何事もなかったかのようにしれっと坂本を起用している原監督も、かつて女性問題のトラブルを起こし、元暴力団員に1億円を支払っていたことが発覚した過去がある。そんな人物が坂本を叱責するなんて、天にツバするようなもの。だから何のコメントも出していないし、厳しく対することなんてできるわけがない。このまま、なあなあでやりすごすしかないだろう」

 日本ハムで暴力事件を起こした中田翔を、何の禊もなく謎の移籍で強制幕引きさせたことといい、巨人をめぐる不祥事はあとを絶たない。

 球団創設者たる正力松太郎氏の遺訓「巨人軍は常に紳士たれ」は今や、「巨人軍は黒い紳士たれ」に変貌したのかもしれない。

(所ひで/ユーチューブライター)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    まだそんなに料金払ってるの? 今さら聞けない光回線カンタン乗り換え術

    Sponsored
    231550

    「も~、うちのネット回線ってマジ遅いんだけど?ホントに光なの?」今年、大学受験を控える娘がプリプリした態度で怒鳴り込んできた。自室で受講していたオンライン塾の画面がフリーズしたという。M氏(51歳)は、妻と共働きで、高3の娘、中学2年になる…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    テストコアNO3が若者から評判なワケは?理由と口コミ調査

    Sponsored
    184479

    男性の性の悩みといえば、中高年世代のイメージが強い。ところが今、若者の半数近くが夜のパフォーマンスに悩みを抱えている。ヘルスケアメディアの調査(※1)によって、10代から30代の44.7%が「下半身」に悩みを抱えているという衝撃の実態が明ら…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
「男闘呼組」成田昭次がついに受けたインタビューでも語らない「薬物の話」
2
平愛梨に真野恵里菜…次々にゴールを決めるサッカー選手に“怨嗟”の声
3
吉岡里帆「監督に叱られた無名時代」ブレイクのきっかけは新垣結衣だった!
4
阪神の「夜遊び帝王」糸原健斗に忍び寄る「アレ流」レギュラー剥奪危機
5
スペイン戦直前…本田圭佑が放った「権力者は退場せよ」猛烈批判の真意