スポーツ

事情聴取も説明も無視!巨人・坂本「堕胎スキャンダル」で反省どころか「脅し」の厚顔

 中絶強要騒動の渦中にある巨人・坂本勇人だが、このままウヤムヤのまま終わる可能性が大だ。

 在京スポーツ紙プロ野球担当記者は、現在の状況をこう明かす。

「現在、シーズン中ということもあり、坂本本人に対して本格的な事情聴取は行われていないようです。今後も事情聴取はもちろん、球団や坂本本人が記者会見を開いての説明すらないでしょうね」

 元々、プライベートの問題で巨人が騒ぐケースは皆無と言っていい。かつて原辰徳監督が不貞問題で元暴力団関係者に慰謝料1億円を払ったことが話題となったが、このケースでも球団、本人ともに、正式なアクションを起こしてはいない。

 スポーツ紙デスクはこれまでの経験を踏まえて、

「巨人は週刊誌が騒いだ案件を取材しようとすると『どこに証拠がある』『きちんと裏を取ったのか』の一点張り。場合によっては、取材拒否をチラつかせる。『本当に記事にするなら、法的手段も考える』と脅しとも取れるプレッシャーもかけてくる。だから、記事を掲載した当該週刊誌以外のマスコミ各社は、放送したり、活字にすることに二の足を踏むことになる」

 それに、現在のスポーツマスコミの巨人に対する関心事は、長嶋茂雄終身名誉監督の病状。新聞の売り上げにも視聴率にも大きな関与が期待できない坂本スキャンダルには、時間も人も割けないというのが本音だ。

 先日、DeNAの田中健二朗の不貞・DV事件が話題になった。これに対し、巨人内では、こんな声が出ている。

「ウチの選手が同じことをしたら、何倍も叩かれる。DeNAの選手だからあの程度です。ある意味、うらやましい」

 有名税という認識なのだ。事実、他球団の選手がオフに巨人の選手と食事をした際には、

「お前たちの方が、飲み会の席でもプラーベートでもむちゃくちゃしているのに、全然話題にもならない。巨人の選手の方が何倍も真面目に生きている、と真顔で言われたと…」(球界OB)

 まさに、蛙の面に小便か。

(阿部勝彦)

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    まだそんなに料金払ってるの? 今さら聞けない光回線カンタン乗り換え術

    Sponsored
    231550

    「も~、うちのネット回線ってマジ遅いんだけど?ホントに光なの?」今年、大学受験を控える娘がプリプリした態度で怒鳴り込んできた。自室で受講していたオンライン塾の画面がフリーズしたという。M氏(51歳)は、妻と共働きで、高3の娘、中学2年になる…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    テストコアNO3が若者から評判なワケは?理由と口コミ調査

    Sponsored
    184479

    男性の性の悩みといえば、中高年世代のイメージが強い。ところが今、若者の半数近くが夜のパフォーマンスに悩みを抱えている。ヘルスケアメディアの調査(※1)によって、10代から30代の44.7%が「下半身」に悩みを抱えているという衝撃の実態が明ら…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
明石家さんま「日本サッカー界の恩人」がW杯特番に呼ばれなくなったワケ
2
鎌田がキレて久保は欠場…W杯サッカー日本代表に起きている「異変」
3
体調悪化の渡辺徹を強引に引っ張り出した秋田大学の「致命的ミス」
4
オリックス・森友哉「巨人拒否発言」に原辰徳監督が「ナメてんのか」憤慨…これは来季の「遺恨対決」だ
5
サッカー柴崎岳の妻・真野恵里菜「撮影自粛願い」が招いた「オウンゴールな評判」