社会

甥の織田信長に逆さ磔にされ「必ず因果の報いを!」絶叫した悲運の女城主

 その美貌ゆえにたびたび政略結婚の犠牲になり、最期は磔(はりつけ)に処された、悲劇の女城主がいる。

 女城主といえば、NHK大河ドラマの主人公・井伊直虎が有名だが、血筋から言えば、はるかに格上なのが、織田信定の娘で、信秀の妹。年下だが、あの織田信長の叔母にあたる、おつやの方と呼ばれる人物である。

 おつやの方は、東美濃の遠山氏の宗家・遠山景任に嫁いだとされているが、その前に二度、結婚している。

 最初の相手は、結城(岐阜県安八町)城主の文日比野清実。美濃の斉藤龍興の重臣だったが、永禄4年(1561年)の「森辺の戦い」で戦死した。この時、おつやの方は18歳。

 その後、信長の命令で、信長配下の武将と再婚したが、二度目の夫も戦士したという。

 三度目の結婚相手だった遠山景任は、元亀3年8月14日(1572年9月21日)、子供がないまま病死してしまう。

 結婚運に見放されたおつやの方だが、信長はこれを領地拡大の好機と捉え、五男・御坊丸を岩村遠山氏の後継として送り込んだ。義母となったおつやの方は、事実上の岩村城主とした。

 だが、天下を狙う甲斐の武田信玄が上洛のため、西上作戦を開始。岩村城は信玄配下・秋山虎繁の軍勢に取り囲まれてしまう。城主としておつやの方は領民たちと3カ月間籠城し、信長の援護を待った。

 そんな折り、おつやの方の美貌を知った秋山虎繁から「俺と結婚すれば、岩村城にこもる者たちを助命する」という仰天の和睦条件が突きつけられる。

 当時、信長は長島の一向一揆衆に道を阻まれており、援軍は望めない状態。そのため、おつやの方は条件を受け入れて岩村城を開城し、武田家の軍門に下った。

 元亀4年(1573年)、おつやの方と秋山虎繁との婚姻が行われ、養子の御坊丸は人質として甲斐に送られた。

 だが天正3年(1575年)、織田・徳川連合軍は長篠の戦いで武田勝頼の軍勢を破ると、配下の織田信忠らが岩村城を包囲した。

 籠城していた秋山虎繁らは助命を条件に降伏したが、非道で知られる信長が許すわけがない。赦免の参礼に来たところを捕らえて、岐阜城近くの長良川の河原へ連行。そこでおつやの方ともども、逆さ磔の極刑となった。

 その際、おつやの方は嘆き悲しみ、「叔母にこのような非道の処置をすれば、必ず因果の報いを受ける」と絶叫しつつ、果てたという。46年の生涯だった。

(道嶋慶)

カテゴリー: 社会   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    飲み続けていたら夜もイキイキしてきた!?口コミで話題の「活力アミノ酸(R)DX」とは?

    Sponsored
    213053

    コロナ禍という長いトンネルも徐々に出口が見え、昨今は人々の社会活動も活発的になってきた。連休は「久々にゴルフに出かけた」「家族サービスで国内旅行をした」といったパパ世代の諸兄も多いのではないだろうか。在宅勤務から勤務へ徐々に回帰する企業も増…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    テストコアNO3が若者から評判なワケは?理由と口コミ調査

    Sponsored
    184479

    男性の性の悩みといえば、中高年世代のイメージが強い。ところが今、若者の半数近くが夜のパフォーマンスに悩みを抱えている。ヘルスケアメディアの調査(※1)によって、10代から30代の44.7%が「下半身」に悩みを抱えているという衝撃の実態が明ら…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
柴咲コウ&吉高由里子に惨敗!「荷が重すぎた」新木優子の「ガリレオ」演技
2
中国ファンドVS令和の相場師…日本企業「乗っ取り」攻防戦が過激化する
3
川島なお美「前貼りなし」で挑んだ古谷一行とのベッドシーン「入っていた」伝説
4
巨人・坂本勇人「伝統の一戦」がヤジの応酬になった阪神・西勇輝との「ゲス比べ」
5
「やめてーー!」足立梨花が「正面・バック・女性上位」ハメ映像漏洩に大絶叫