政治

宮崎謙介<巷の陳情>突撃調査隊「NPO法人設立に反対されています」

 会社員を辞めてNPO法人を立ち上げたいと考えていますが、周囲が止めます。まずはNPO法人がどんな団体なのかきちんと把握しろ、ということ。怪しい面もあると揶揄されます。私は42歳。内緒ですが崇高な目的があるので、なにがなんでも進めたい。議員視点からアドバイスを下さい。

 何をやっているかわからないNPO法人はゴマンとあります。NPO法人を立ち上げたがる風潮が湧き起こったのは20年ほど前でしょうか。

 社会的な活動をメインにし、お金は二の次だ、というイメージがありますが、管轄の内閣府のウェブサイトには「NPOとは『Non-Profit Organization』又は『Not-for-Profit Organization』の略称で、様々な社会貢献活動を行い、団体の構成員に対し、収益を分配することを目的としない団体の総称」とあります。

 令和3年6月からは「特定非営利活動促進法の一部を改正する法律」が施行。これにより提出書類が簡素化され、設立の迅速化、個人保護の強化、事業報告書や役員名簿の閲覧期間の変更などが行われました。

 東日本大震災や熊本大地震などの経験を踏まえ、災害に関するボランティアをより素早く行えるようにする面もありますね。

 もちろん、災害関連だけではありません。

「フローレンス」という認定NPO法人があります。病児や障害児の保育、小規模保育のための法人なのですが、その代表者は、学生の頃からの知り合いです。

 その後、僕が日本生命に就職した後に、再会。IT企業の社長としてバリバリ働いていた優秀な人物で、学生時代から殊勝な考えの持ち主でした。「僕はいつか、社会に貢献したい」と口にする、超ド直球に社会問題と向き合っていましたね。

 僕が議員になって育休をとった頃に、二度目の再会。既に「フローレンス」を立ち上げ、大活躍されていました。

 このように真面目にやっているところと、別企業の利益のためにNPOを看板にして支援金を引っぱっているような、悪質なNPOもあると聞きます。ウエブで「NPO法人」と検索すると、キーワード上部に「ヤバい」の文字が出るのは、何をかいわんや。開示された閲覧団体の中には、収支報告がめちゃくちゃだったり、上層部がなんとなく儲かっていたりするものもあります。うわべだけの自然保護団体であることに悩む声も聞こえてきます。

 ただ、NPO法人の良し悪しが見えにくいのも現状。この団体と付き合っていいのか悪いのか、国が判断してくれたらいいのに。

 が、これは子供の友達を親が判断するようなものかもしれません。親が「あの子と付き合っちゃいけません」と言えば、子は「なんでそんなこと言われなきゃいけないんだ」と反発する。結果、子供が悪の道に行ってしまったら、ほれ見たことか、となりますが。

 であれば、過去に問題があった、あるいは外部スタッフに危ない人物がいるのに公式に明かしていない、というNPOは、国が調べて開示すべきです。

 志がしっかりあれば、誰がなんと言おうと、立ち上げるべきです!

宮崎謙介(みやざき・けんすけ)◆1981年生まれ。早稲田大学商学部を卒業後、日本生命などを経て12年に衆院議員に(京都3区)。16年に議員辞職後は、経営コンサルタント、テレビコメンテイターなどで活動。近著に「国会議員を経験して学んだ実生活に即活かせる政治利用の件。」(徳間書店)。

カテゴリー: 政治   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    まだそんなに料金払ってるの? 今さら聞けない光回線カンタン乗り換え術

    Sponsored
    231550

    「も~、うちのネット回線ってマジ遅いんだけど?ホントに光なの?」今年、大学受験を控える娘がプリプリした態度で怒鳴り込んできた。自室で受講していたオンライン塾の画面がフリーズしたという。M氏(51歳)は、妻と共働きで、高3の娘、中学2年になる…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    テストコアNO3が若者から評判なワケは?理由と口コミ調査

    Sponsored
    184479

    男性の性の悩みといえば、中高年世代のイメージが強い。ところが今、若者の半数近くが夜のパフォーマンスに悩みを抱えている。ヘルスケアメディアの調査(※1)によって、10代から30代の44.7%が「下半身」に悩みを抱えているという衝撃の実態が明ら…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
鎌田がキレて久保は欠場…W杯サッカー日本代表に起きている「異変」
2
久々にタイ旅行に行ってみたら…酒も「連れ出し」もとんでもない値段に激変していた
3
小倉優子「早稲田大受験」密着番組がまさかの打ち切り!世間の関心と危ないモチベーション
4
桜井木穂「母から『あんた、その胸ならグラビアに行けるわよ』と言われた」
5
ぺこぱに太川陽介の旅番組ファンが激怒「伝統の名企画を2人が潰した」