スポーツ

阪神「岡田彰布監督」内定報道は「書いたら出禁」脅し破りの覚悟だった

 今シーズン限りで退任する阪神・矢野燿大監督の後任に球団OBの岡田彰布氏が内定したと、9月27日、一部スポーツ紙が報じた。

 現時点で阪神は、日本シリーズ進出が可能なクライマックスシリーズ進出圏内に踏みとどまっている。しかし、10月20日にドラフト会議があるなど、来シーズンへの準備を急がなければいけない時期になったのも確か。そんな状況下ながら、矢野監督の後任について報じられたのは今回が初めてとなる。球団OBが明かす。

「岡田さんは金本知憲元監督が退任する19年秋にも、次期監督候補として浮上。本人も報道を信じて、水面下でコーチ人事の組閣を進めていた。候補者には『決まったら頼むで』と声をかけていたのに、結局、1軍ヘッドコーチが内定していた矢野2軍監督を1軍監督に緊急昇格した形で、球団が対応しています」

 03年に阪神をリーグ優勝に導いた星野仙一元監督の後任として、岡田氏は04年から08年まで監督として在籍し、05年にはリーグ優勝も果たしたが、フロントに物申すことでも有名だった。球団関係者が渋い表情で言う。

「そのため、現球団フロント陣は岡田氏ではなく、平田勝男2軍監督を強烈に推しています。その旗振り役は、今年4月から球団オーナー代行者になった谷本修元球団副社長。万が一、岡田氏就任の流れになれば、自らの進退を懸けて勝負に出る、と言われているほどです」

 水面下のデッドヒートがどんな結末を迎えるのか、ファンは見守るしかないが、実はもうひとつ、次期監督をめぐっての「闘争」が勃発していたという。

 9月に入ってから、球団が担当メディアに対して「先行報道した場合には無期限で取材から外す」とLINEで通知していたことが「週刊文春」で報じられている。前出の球団OBは、

「試合そっちのけで人気球団の監督人事を報じるのは、関西マスコミのお家芸。今回もマスコミを押さえつけたい谷本オーナー代行者の命を受けて、球団広報担当者が圧力をかけるために、わざわざLINEを送りつけた。つまり今回の岡田内定報道は、『出禁』覚悟の表れにもなる」

 今後は押さえつけていた報道規制がなし崩し的に解かれる可能性もあるが、LINEでわざわざ釘を刺しておきながら、結局、効果がなかった球団の面目は丸潰れとなった形なのである。

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    塩試合を打ち砕いた!大谷の〝打った瞬間〟スーパー3ランにMLBオールスターが感謝

    日本時間の7月17日、MLBオールスター「ア・リーグ×ナ・リーグ」(グローブライフフィールド)は淡々と試合が進んでいた。NHK総合での生中継、その解説者で元MLBプレーヤーの長谷川滋利氏が「みんな早打ちですね」と、少しガッカリしているかのよ…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , , |

    新井貴浩監督が絶賛!劇画のような広島カープ野球の応援歌は「走れリュウタロー」

    プロ野球12球団にはそれぞれ、ファンに親しまれるチームカラーがある。今季の広島カープのチームカラーを象徴するシーンが7月初旬、立て続けに2つあった。まずは7月4日の阪神戦だ。3-3で迎えた8回裏、カープの攻撃。この試合前までカープは3連敗で…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , , |

注目キーワード

人気記事

1
「旅サラダ」の宿命!神田正輝9月降板で「次のターゲット」はいよいよ勝俣州和
2
巨人・阿部監督が不満ブチまけ!「門脇誠より新外国人モンテス」正遊撃手争いの厳しい現実
3
藤浪晋太郎が乱入!阪神エース・才木浩人のインスタライブで岡田彰布監督をイジリ倒した
4
新庄剛志監督の期待値が下がる日本ハム・清宮幸太郎の今オフ「トレードか現役ドラフト」移籍話
5
阿部監督の苦悩…巨人・新外国人モンテスの快音デビューをかき消す2軍投手陣「連続炎上事件」