芸能

真木よう子「感謝のGバスト女豹ポーズ」のワケはあの「性ハラスメント騒動」

 真木よう子が突然、ファンへの感謝の気持ちを、自身のインスタグラムで表明した。9月24日の投稿で「あいも変わらず、応援してくださる方、皆さん本当に大好きです」と綴っている。なぜ急に、こうした投稿を行ったのか。週刊誌記者は「以前の投稿が理由ではないか」とした上で、こう分析する。

「真木は9月8日に、性ハラスメント疑惑報道があった映画監督を擁護するような投稿をしたのですが、すぐにスタッフが削除。10日には、削除された投稿で言いたかったことを改めて説明する投稿を行っています。そんなドタバタが続いた中でも、インスタを見てくれるファンに感謝の気持ちを綴ったのでしょう」

 真木の気持ちはこの日、同時に公開された4枚の写真にも表れていた。4枚はいずれも、真木がソファの上でよつんばいになり、ヒップを高く突き上げる「女豹ポーズ」をとっているショット。ほぼカメラ目線の笑顔で、アラフォーとは思えないキュートさだ。しかもうち3枚では、胸の渓谷も見せている。

「身に着けているのは、ノースリーブの黒いシャツ。胸元が大きく開いているため、前かがみになるとGカップが露わになるのです。これは刺激が強すぎると思ったのか、ピントは顔に合っている。アースカラーの柄物のロングスカートを穿いたヒップの輪郭は、鮮明とまではいきませんが、それでも十分に煽情的ですね」(前出・週刊誌記者)

 こんな「感謝の写真」を公開してくれるなら、ドタバタも大歓迎!?

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    まだそんなに料金払ってるの? 今さら聞けない光回線カンタン乗り換え術

    Sponsored
    231550

    「も~、うちのネット回線ってマジ遅いんだけど?ホントに光なの?」今年、大学受験を控える娘がプリプリした態度で怒鳴り込んできた。自室で受講していたオンライン塾の画面がフリーズしたという。M氏(51歳)は、妻と共働きで、高3の娘、中学2年になる…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    テストコアNO3が若者から評判なワケは?理由と口コミ調査

    Sponsored
    184479

    男性の性の悩みといえば、中高年世代のイメージが強い。ところが今、若者の半数近くが夜のパフォーマンスに悩みを抱えている。ヘルスケアメディアの調査(※1)によって、10代から30代の44.7%が「下半身」に悩みを抱えているという衝撃の実態が明ら…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
鎌田がキレて久保は欠場…W杯サッカー日本代表に起きている「異変」
2
明石家さんま「日本サッカー界の恩人」がW杯特番に呼ばれなくなったワケ
3
体調悪化の渡辺徹を強引に引っ張り出した秋田大学の「致命的ミス」
4
サッカー柴崎岳の妻・真野恵里菜「撮影自粛願い」が招いた「オウンゴールな評判」
5
オリックス・森友哉「巨人拒否発言」に原辰徳監督が「ナメてんのか」憤慨…これは来季の「遺恨対決」だ