社会

「美味しんぼ」騒動で緊急アンケート“福島は今、こう思われている!”(3)原発是非と放射線の影響を混同

 20年には、東京五輪が開催されるが、日本サッカー協会の大仁邦弥会長は昨年末、代表のキャンプ地にJヴィレッジを使うことを希望した。Jヴィレッジは現在、福島第一原発の対応拠点となっている場所である。

 また、民主党にいたっては、今年2月に、福島での競技開催を提言している。反対意見は圧倒的である。

「福島に対しては、除染、賠償問題などを優先して早く事に当たるべきです。そんな五輪パフォーマンスに時間を費やすなんて、県民感情とズレていますよ」(野口氏)

 福島での五輪開催こそ「偽善」であると、回答結果は判断しているのだ。事故の責任者について、合計76%が「東京電力」と「原発を推し進めた政府」としている。電力会社も、政府も原発の再稼働を希望しているが、健康被害を抜きにして原発を批判することはできるのだろうか。

「原発は4つの理由で、ダメなのです。1つが原子炉の安全問題。2番目が放射性廃棄物の処分問題。3番目が核兵器への転用問題。最後に原発に対するテロの問題です。これを考えれば、今の社会情勢では原発は難しい」(野口氏)

 野口氏は、事故以前から原発に反対の立場であるが、雁屋氏の批判姿勢の間違いをこう指摘する。

「雁屋さんは、原発の反対を訴えるあまり被害をねじ曲げたのです。被害がひどければひどいほど、反対が増えるだろうという考えです。そういうやり方をしていたら原発反対の人は信頼を失い、社会から批判を受けることになります。原発の是非と、放射線の影響の有無は別問題で、それを混同させてはいけません」

 作品では、双葉町前町長の井戸川氏が鼻血と被ばくの関係を証言した。相次ぐ批判から、みずからの鼻血をフェイスブックに掲載し、応戦したのだ。

 社会部記者が明かす。

「事故から約1カ月後の11年4月5日に、『原発、増設見直し時期尚早』という記事が福井新聞に掲載されました。当時、政府は原発増設計画の見直しを進めていました。記事は、8人の原発立地市町村の代表者らが、『原発廃止はありえない』と、判断を思いとどまるよう官邸に請願しに行ったという内容でした。その中には井戸川氏もいたのです」

 その数カ月後、井戸川氏は、参院選に原発反対という真逆の主張を掲げて立候補しているのだ。

 渡邉氏は、政治と原発反対運動の関係をこう分析する。

「原発問題は野党左派系の人たちがやっていました。94年の社会党、09年の民主党と2つの失敗で、彼らに政権能力がないことが明らかになってしまったのです。福島の事故で、原発に対する主張だけは正しかったことが証明されてしまった。彼らにとって被害者は被害者であり続けないと、みずからの正当性が保てないのです。そうした人たちこそが、福島県に対する最大の加害者だと考えます」

 原作者の雁屋氏は、自身のブログで、本格的な反論を出すと予告している。

カテゴリー: 社会   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    “JRA有馬記念VS年末ドリームジャンボ”一攫千金を叶えるならどっちが現実的?

    Sponsored
    239326

    ◆年末の風物詩である有馬記念師走となれば誰もが一攫千金を夢見る。その対象は大きく分けて2つ、JRAの有馬記念(G1)と年末ドリームジャンボ宝くじだ。馬券は実力次第で的中を手繰り寄せることができる一方、宝くじは完全な運任せ。まったく対極にある…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    「テーオーケインズを脅かす人気薄…」三冠騎手を育てた鬼教官のチャンピオンズC穴馬

    Sponsored
    236409

    ◆ワールドカップ以上の注目イベント!中東のカタールで行われているFIFAワールドカップは、日本代表が優勝候補のドイツに劇的な勝利。コスタリカ戦も終え、12月1日に注目のスペイン戦を控えている。決勝トーナメントに向け、森保監督の采配が注目され…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    1800万円VS100万円の戦い!JRA阪神ジュベナイルフィリーズに下剋上あり?

    Sponsored
    237214

    ◆男なら誰もが羨む話だが…競馬の面白いお金の話がある。それが種付け料だ。かつて産駒が数億円単位で売れていたディープインパクトの場合、1回の種付け料が4000万円に達したことがある。1度の種付けが家やマンションと同じ価値というのだから、リスク…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
第5回WBC 大谷、ダルビッシュらメジャー組「一転不参加」危機
2
「日本ハムは今年も最下位になる」高木豊のダメ出しVS新庄監督…ガチンコ激突の行方
3
松井秀喜が選ぶ「プロ野球ベストナイン」で「あいつはラクした」辛口評価の遊撃手
4
「虚言・嘘泣き野郎・溺れるナルシスト」YOSHIKIを襲うTOSHIの強烈「コキ下ろし歌詞」大騒動
5
なぜ谷原章介じゃない!?フジテレビ・永島優美「早すぎる番組降板」の裏事情